無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2019秋冬おすすめのファンデーション]乾燥を防ぐ、崩れにくい、欠点カバーetc. 進化した美肌ファンデまとめ

メイク

時代を反映した女性美を表現し、進化を続けるファンデーション。マキア創刊時から15年の理想の肌の歴史を振り返るとともに、2019年秋冬おすすめのファンデーションをご紹介します。

[目次]

女性誌編集者を経て美容ジャーナリストに。商品の特徴を的確に捉えた記事で人気。斬新な視点と力強い言葉で多くのメディアで活躍。

「私、スッピンなの」そう言って驚かれるのは女にとって永遠の“夢”。ただスッピン肌を理想と思っている訳ではない。

肌作りに対する女心はいつも複雑。たとえ完璧な素肌が手に入っても、やっぱりファンデを塗ってしまうのだろう。塗りたくない、でも塗りたい……完全に相反する思いがそこにあるのだ。

でも、コスメ界はその辺りの矛盾をよくわかっていて、進化するほどに矛盾を叶えている。つまりどんどん「罪悪感のないファンデ」が増え、「素肌に見えても欠点カバーしているファンデ」が現実のものとなっているのだ。

マキアが創刊された15年前、合コンを背景にした“モテ至上主義”から、一見ナチュラルにしてきちんとカバーされたマット肌が主流だった。“愛され肌”追求から、つるんとマット、陶器のようなドーリー肌も求められ、一方では、BBクリーム台頭がファンデの後ろめたさを解決してくれた。

やがてすっぴん風憧れ肌、イエベ・ブルベ発想を経て、今年注目の「ハイブリッドファンデ」や、「肌一体型ファンデ」の流れへと繋がっていく。こうした変遷のことごとくが、全女性の望む「肌に良い化粧」「見えない化粧」という完成形にいよいよ近づく見事な進化を意味している。いやもうほぼ完成したと言っていいのかもしれない。

ついに矛盾が成立!“女の見果てぬ夢”が叶う時が来たのである。

長く続いたギャルメイクから一転、“モテ意識”が高くなった女性たちは、隙のないマット肌を好むように。アラを隠した盛り肌を作るファンデーションが人気に。

2004年11月号 撮影/富田眞光〈vale.〉

愛され顔=大人かわいいを追求したメイクが主流に。肌はマットさがやわらぎ、毛穴が見えないお人形のような、無機質ともいえるつるんとした仕上がりに皆が夢中に。

2010年4月号 撮影/八木 淳〈SIGNO〉

ファッショントレンドと連動してメイクレス感が強まった年。塗っているのにメイク感のないファンデーションが続々登場。コンシーラー機能搭載のリキッドや、BBクリーム人気が高まる。

2015年10月号 撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ