無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[デリケートゾーンのトラブル対策Q&A]かゆい時はどうする? 正しい洗い方は? 生理やPMSのお悩みにもアンサー!

ライフスタイル

人に聞きにくいお悩み1位がデリケートゾーンのケア。かゆみを感じたときのケア方法や、正しい洗い方など、デリケートゾーンのトラブル対策について詳しく解説!

[目次]

植物療法士。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を学ぶ。デリケートゾーンケアに精通。

「毎日、顔はスキンケアをしているのにデリケートゾーンは何もしていない人が多数。ケアしないのとするのでは年をとったときの状態がまったく違い、しないでいると、将来膣が萎縮してシワシワに。今から毎日ケアを」

1位 デリケートゾーン
2位 生理・女性ホルモン
3位 ニオイ
4位 髪・ムダ毛
5位 尿、腸トラブル

A 性器の周辺のこと

「デリケートゾーンは正式な医学用語ではなくデリケートな部分という意味の造語で、膣周りや肛門、大陰唇、小陰唇、尿道口などがある性器周辺のことです」(森田さん、以下同)

A アンダーヘアの脱毛と清潔を保つこと

「アンダーヘアがあると蒸れてニオイのもとになるので個人的には全剃りがおすすめ。入浴時にきちんと洗い、日中汗をかいたときはデリケートゾーン用シートで拭き取りを」

A コットンなどにスプレーして拭き取るだけ。BIOTURMフェミニンデュオスプレー 50ml ¥2500/ビープルバイコスメキッチン B ニオイの元を簡単にオフ。ソフィデリケートウェットシート無香料 12枚 ¥198(編集部調べ)/ユニ・チャーム

A 脱毛&お風呂で毎日洗って

「汗で蒸れるとかゆみも出やすいので、やはりアンダーヘアは脱毛を。欧米では処理をするほうが当たり前です。入浴時にはデリケートゾーン用ソープで洗って清潔に」

A ヒダやその裏側までやさしく洗う

「大陰唇と小陰唇の間やヒダの裏側、クリトリス周りには恥垢(ちこう)がたまりやすいので、指でめくって優しく洗いましょう。肛門のシワの間の汚れも指で優しく落として」

A 粘膜部分は体の皮膚より敏感なので専用ソープを

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ