無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「嫌な予感」は当たらない? 理由と対処法

ライフスタイル

1.ポジティブな言葉を発する

意識して、ポジティブな言葉を使いましょう。

具体的には「いいね」「最高!」「面白い」といった感じです。これらの言葉を使うと、その文脈上悪いイメージがしづらくなります。そして嫌な予感を追い払おうというわけです。

コツは否定するのではなく、楽しく受け入れることです。普段から口癖にするだけでも運気が上がりますよ。

2.悩まずに具体的に対処する

大事なのは嫌な予感がしたあとです。

そこで悩んでしまうとドツボです。動きだせなくなります。

だから「その予感が実現しないように対処しよう」と行動すること。例えば、仕事でミスしそうな予感があるなら時間をかけて見直すというように。すると不安もぬぐえます。

深刻に悩むのではなく、真剣に考えてみましょう。そして行動することで、こちらから予感を打ち消してやるのです。

3.友だちに話す

ひとりで抱えこまないこと。

嫌な予感は抱えこんでしまうと大きくなります。それを避けるコツは、まわりに共有することです。愚痴ったり、相談したりという感じです。共感してもらえると心地いいですよね。

親身に聞いてもらえると、それだけで心が軽くなるのを感じることでしょう。そうした存在がいるというだけでも気が楽になるでしょう。

4.近づかない

その嫌な予感の原因になりそうなものに近づかないことです。

どういうわけだか、人間には、触れてはならないものに触れたがる性質があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ