無料の会員登録をすると
お気に入りができます

占い師直伝! 「金運がいい女性」の秘密の習慣4つ

占い

氏神様にお参りに行く習慣がある

氏神様とは、あなたが住んでいる町を守る神様のこと。金運がいい方は、定期的に氏神様にお参りに行っている方が多いようです。

初めて氏神様へお参りするときは、まずは挨拶が基本。いきなり願いごとを言うのではなく、「○○(地域)に住んでいる~~(名前)と申します。」と自己紹介し、地域を守ってくれる神様に感謝の気持ちを述べることを行います。

その後、定期的にお参りへ行き、神様と対話をするように、少しずつ願いごとや夢などを伝えていくと良いでしょう。神様がお願いを叶えてくれるかもしれません。

部屋の掃除をこまめに行う

金運のいい方は、「気」の流れに敏感なことも特徴です。運気が停滞しはじめたら、部屋の掃除を行い、部屋をリフレッシュさせていきます。

開運のために風水を取り入れる方も多いですが、その場合もまず、部屋を片付けることから始めてみましょう。部屋を、自分の体調と同じようにメンテナンスしていくことが、強運を引き寄せるポイントになります。

運が舞い込む「空き」を作る

運がいい女性は、心に余裕のある方が多いです。そんな心の余裕を作るために必要なことは、ずばり「空き」を作ること。

先ほど挙げた部屋の掃除と同じく、自分の行動も整理することで「空き」が出てきます。すると心に余裕ができ、新しい運が舞い込みやすくなるのです。

それと同じような感覚で、日々の行動に「空き」を作る習慣をつけていきましょう。まずは毎日のスケジュールを埋めすぎないようにしてみて下さい。

気付かれずに良い行いをしている

人に知られずに密かにする良い行いを「陰徳」というのですが、金運がいい方はそのような行動をとっていることが多いです。

散らかっているゴミ捨て場の掃除を行ったり、職場の休憩室をさっと片付けたりしてみましょう。また、誰かの幸せを願い、その幸せのために行動を起こすのも良いでしょう。

「情けは人の為ならず」ということわざにもあるように、良いことをするときっと報われる瞬間がくるはずです。たとえ周囲の人間に気付かれなくても、地道に続けていきましょう。

いかがでしたか。金運を上げるには、普段からポジティブな行動を取り、陰徳を積むことが大事なようです。お金の神様に愛される女性になって、ぜひ幸運を掴みとりましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ