無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オープン前から行列の「安すぎるパン屋」で大人買い!パン1個40円~の地元民が愛する味が最強だった

旅行・おでかけ

新中野に、40円〜というとびきりの安さで美味しいパンをゲットできるお店を発見!「ミルクロール」は、毎日でも食べたくなる飽きのこない味わいのパンをリーズナブルに販売するベーカリー。連日開店前から行列ができる、街の大人気店です。今回は、その人気を探るべくお店に突撃!安さや美味しさの秘密を余すことなく探ってきました♪

優しくて懐かしい雰囲気が魅力♪超お手ごろ価格のまちのパン屋さん/ミルクロール

訪れたのは、東京メトロ丸ノ内線・新中野駅から徒歩約5分の場所にあるベーカリー「ミルクロール」。地元に住む人なら知らない人はいない!と言われるほど大人気の、地域密着型のお店です。

開店時間の20分前に到着すると、すでに行列が!「あら、来てたの?」「そっちこそ〜」と並んでいる人同士があいさつを交わすアットホームな雰囲気に、到着早々ほっこりした気分になります。

11時のオープンと同時にシャッターが開くと、店員さんの「開店でーす!」という明るい掛け声が。お店は一気に活気づき、並んでいたお客さんが続々と店内へ足を進めます。

同店はセルフピックアップではなく、店員さんに注文して購入するシステム。4〜5名の店員さんが効率よく対応してくれるので、自分の順番がやってくるのをお待ちください♪

小麦の香ばしい香りが漂う店内に入ると、目の前にはパンがずらりと並んだショーケースが。菓子パンや総菜パン、食パンなど、常時約20種類ほどのパンが店内に所狭しと並んでいます。

どれも美味しそう♡と商品を眺めつつお値段を見てみると・・・

よ、40円!?

そう、同店は美味しさもさることながら、そのリーズナブルさも大きな魅力なのです。この日のイチオシ商品である「チーズフランス」も、40円というお値段も相まって飛ぶように売れていきます。

店名と同じネーミングの看板商品「ミルクロール」も40円。食パンなどの大きな商品を除き、ショーケースのパンはほとんどが100円以下で販売されていました。

取材時、ショーケース内でもっとも高額なパンでも110円。驚きのリーズナブルさに、感覚が麻痺しそうです・・・。
このお値段なら、「ショーケースの端から端まで全部ください!」というドラマのようなお買い物もできちゃう♡せっかくなので、リッチな気分を味わってみては?

驚くべき安さの秘密は、店主の努力にあり!

安さの理由を店主に尋ねると、「一つひとつを小ぶりサイズにして、できるだけ多くのパンを作り、それをお客さまにたくさん買ってもらうことで、この値段をキープしています」とのこと。店主の努力の賜物によって、素材や品質に妥協することなく、安くて美味しいパンの提供を可能にしているのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ