無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たっぷり盛るのが正解♡ヘアアクセで「手をかけた風アレンジ」見本帳

ヘアスタイル

①好みの高さでひとつ結びにし、ザクザクほぐす。
②毛束をねじりゴムに巻き付け、毛先をゴムに入れ込む。
③お団子を軽くほぐす。
④ヘアスティックをお団子に対し垂直に挿した後、寝かせて奥に挿し込む。

+かんざし

和装の日にぜひ取り入れたい“かんざし”アレンジ。どうやって使うのかわからない…という人は、ぜひここでマスターして♡コツをつかめば意外に簡単ですよ。最後の仕上げに、もう1本反対側から挿すのがこなれるポイント。

①好みの高さでひとつ結びを作る。
②毛束を時計回りにねじり、ゴムから少し離れた位置にかんざしを斜めに挿す。
③毛束と一緒にかんざしも時計回りに回転させる。
④かんざしの頭が真上に来たら地肌に沿って押し込む。

+Uピン

アレンジを固定するために使うUピン。目立たないようにつけるものですが、飾りが付いたデザインは別。1つや2つではなく、複数を重ねづけするのが◎。デザイン自体は小ぶりでも、複数つけることで存在感が出て華やかな印象になります。

①全体を3等分し、それぞれくるりんぱを2回する。
②3本の束をまとめて輪っかのお団子にし、①のゴムを外す。
③毛先をくるりんぱして②を通す。
④もう一度③をする。
⑤Uピンをランダムに挿す。

+ターバン

「お風呂上がりみたいになる」という声が多い“ターバン”。違う種類のヘアアクセと組み合わせるだけで、その悩みは回避できます。さらに、ターバンのボリュームに負けないぐらい、トップをたっぷりほぐすことも重要です。

①ハーフアップを作り、くるりんぱしてほぐす。
②残り半分と①を合わせてお団子にする。
③ヘアスティックやクリップなど、好みのヘアアクセをつける。
④ターバンを、耳の上だけ隠れるようにつける。
⑤前髪をターバンに挟み、後れ毛を軽く巻く。

いつものアレンジもこんなにオシャレ♡

ヘアアクセを盛るために、新しいアレンジを覚えるなんて無理!という人も大丈夫。いつものアレンジにヘアアクセをプラスするだけでも、グッとオシャレ見えします。明日にでも真似したくなるスタイルをご紹介しましょう。

記事に関するお問い合わせ