無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「眉の正しい描き方」徹底解説!明日からあなたも眉美人に♡

2020年1月
メイク

バランスと濃さが重要

眉メイクは、バランスと濃さが大切です。眉頭・眉山・眉尻を正しい位置に描いてあげることで、眉のバランスが整います。そして、眉頭から眉尻にかけて濃淡を付けることで、立体的な自然な眉に仕上げることができますよ。

かわいあやこ

※眉頭…顔の中心にある眉の生え始め。
眉山…眉の一番高いところ。
眉尻…顔の外側にある眉の終わりの位置。

今回は「眉の正しい描き方」を徹底解説します。明日からあなたも眉美人になりましょう♡

ステップ①眉の位置を確認

かわいあやこ

眉を描き始める前に、眉頭・眉山・眉尻の位置を確認していきます。眉頭は小鼻の延長線上。眉尻は小鼻と目尻の延長線上。

かわいあやこ

そして、眉山は黒目の外側のフチから目尻の間にくるようにします。眉頭・眉尻・眉山の位置を確認する時は、アイブロウペンシルなど細長いものを使うのがオススメです。

ステップ②使うアイテムは4つ

眉メイクで使うアイテムは4つ。アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、アイブロウマスカラ、スクリューブラシです。この4つを使い分けていくことで、貼り付けたようなノリ眉は卒業!自眉のような自然な眉に仕上げることができます。

かわいあやこ

ちなみにカラーは、髪色と目の色の中間色を選ぶと自然な仕上がりになります。またアイブロウパウダーは、ベージュ系・ナチュラルブラウン系・ダークブラウン系など、濃淡の異なる3色がセットされているものを選ぶのがオススメです。

ステップ③眉の輪郭をかたどる

先ほどご紹介した眉の位置を意識しながら、アイブロウペンシルを使って眉の輪郭をかたどっていきます。眉尻の下のライン→眉尻の上のライン→眉の中間の下のライン→眉の中間の上のライン、という順番で描いていきます。

かわいあやこ

眉頭はアイブロウペンシルで描いてしまうと、不自然な仕上がりになるので、この段階では避けて描いていきます。

パウダー&ペンシル アイブロウEX

エクセル

¥ 1,595

お肌に馴染みやすく、自然な眉のラインを描くことができます。ペンシルとしてだけではなく、パウダーとしても使うことができるので、時間がない時にはこれ1つで眉メイクをすることもできますよ♡

商品詳細
パウダー&ペンシル アイブロウEX
noevirgroup.jp
商品詳細
記事に関するお問い合わせ