無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毛穴汚れは炭で洗う!炭入り洗顔、おすすめはどれ?

小鼻や頬などにたまる毛穴の汚れ、気になりませんか?毛穴に汚れがたまっていると、お化粧のノリも悪くなり、見た目にもよくありませんね。色々と試した結果、お肌が荒れてしまったり、かえって毛穴が目立つようになってしまったり…そんな悲しい経験をした人も、少なくないはずです。
そんな頑固なお顔の「毛穴汚れ」には、炭入りの洗顔料がおすすめです。毛穴汚れの原因や、炭がおすすめな理由、おすすめの洗顔料をご紹介します!

メイク

毛穴の汚れ、原因は何?

godmake.me

小鼻や頬などにたまっている毛穴汚れの正体は、ずばり「角栓」です。角栓は、皮脂腺から分泌された皮脂やタンパク質(角質)、埃などの汚れが原因でできます。

通常、そういった毛穴から分泌される古い角質や皮脂などの汚れは、垢となって自然と流れ落ちてゆきます。しかし、皮脂の過剰分泌などが原因で毛穴がつまると、それらが固まって「角栓」となり、肌荒れの原因となってしまうのです。

汚れがつまることによってできた「角栓」は、最初は白っぽい色をしていますが、時間の経過と共に酸化し、黒く変化します。これが毛穴の「黒ずみ」の正体です。角栓によって毛穴が塞がってしまうと、毛穴の奥で細菌が増殖し、ニキビができる原因にもなります。毛穴の汚れは、放っておいてもいいことは一つもないのです。

毛穴汚れに炭がおすすめな理由とは?

godmake.me

では、なぜ毛穴汚れに「炭」がおすすめなのでしょうか。

それは、炭には「吸着性」があるからです。

炭には小さな無数の孔があり、有機物などの不純物を吸着します。その炭の持つ「吸着性」が、毛穴の汚れを吸着し、取り除いてくれるのです。炭の吸着性は、お肌の表面の汚れのみにとどまりません。炭は毛穴の奥にたまっている汚れや、余分な皮脂も吸着、除去することができるため、スッキリとした洗いあがりを実感することができるのです。

とはいえ、炭で直接、ゴシゴシと洗顔するわけにはいきませんよね。しかし、炭が入った洗顔料を使用すれば、簡単に炭で洗顔することができます。おすすめの商品をいくつかピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

e-face(イーフェイス)のAKIKOシリーズ【ブラックモイストソープ】

e-faceは、あの「メガネの三城」で知られる三城グループの、美と健康をプロデュースしている会社です。e-faceのAKIKOシリーズは、お肌の起源である「幹細胞」に着目したスキンケアシリーズです。そのAKIKOシリーズの商品である「ブラックモイストソープ」は、炭を使用したスティック状の、新しいタイプの洗顔料です。

黒い炭のスティックを軽く湿らせて、お肌に直接塗って使用します。一般的な洗顔料とはちがい、泡は全く立たないので初めは「本当に洗えているの?」と不安になるかもしれません。しかし、洗いあがりの肌ざわりの違いに、驚くはず!

リピート間違いなしの「ブラックモイストソープ」は、全国のパリミキ・メガネの三城でも購入することができますよ。

FANCLの黒の酵素洗顔【ディープクリア洗顔パウダー】

FANCLのディープクリア洗顔パウダーには、酵素・炭・吸着泥(クレイ)という3つの、毛穴汚れを除去する働きを持つ成分が配合されています。

酵素の働きによって、毛穴に詰まった角栓や、ざらつきの元となるタンパク質を分解し、除去します。さらに炭が毛穴の汚れを掻き出し、吸着泥が、毛穴の汚れを吸着、からめとります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ