無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「おばさんくさい」と思われないために気をつけたいNG言動4選

恋愛・結婚

おばさん化が気になる年齢のみなさま!

今回は、年下くんとお付き合い1年目、結婚にはなかなか踏み切れない(踏み切ってもらえない……)筆者が、男性たちに調査を行い、おばさん臭~い言動をまとめました。

筆者自身「私も言ってる……」と苦笑いしながら、男性たちに代替ワードも聞いてきました。

25歳以上の女性であれば一度は口にしたことがあるのでは?つい言っていることも多いはずですので、ご注意くださいませ!

「いやいや、もう若くないから…」

「おばさんくさいセリフってなにかある?」と男性陣に聞いて回ると、一番に上がったのがこの自虐。

「○○しようよ!」と男性に誘われたとき、苦笑い的な空気で、男性の提案を断った経験がある方もきっと多いはずです。

「盛り上がってるのに萎える」「そういうセリフを言われると、おばさんに見える」とのことでした。

代替案として提案したいのが、空気に応じて「恥ずかしいから」とモジモジしてみたり、「私は○○するから、□□は、△△くんが」とお願いしたりすること。

若くないと決めつけてしまうと、本当のおばさんになりかねません。つい言いそうになったら、ほかのセリフで代替してみてください。

「え!〇〇知らないの?」

筆者もこれ、よく使います……。

とくに、年下男性と話していると「あの名曲を知らないなんて!」と思ってしまうこと、きっとみなさんにも経験があるのではないでしょうか?

ジェネレーションギャップはどうしようもないこと。でもここで「なんで知らないの?」とバカにしてしまうと、男性も困ってしまいます。

もしこんなシーンに遭遇したら、その〇〇の良さについて、彼に教えてあげてみて。

ついでに、彼が知っている別のなにかについても聞いて、深堀するような質問をしてみてください。

双方の気持ちを理解するよう努めていけば、“おばさん臭い”印象から“いろいろ教えてくれるお姉さん”に変化させられるはずです。

「もう少し若ければなぁ」

これも筆者、心当たりありです……。年齢を重ねるとともに、若さを羨ましく思う女性も多いはず。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ