無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<婦人科系・生理痛に効くツボを鍼灸師が伝授>妊娠力もアップできる!?

美容

いつか出産したいと考えているなら、早いうちから体を整えておくことが大切です。簡単にできるセルフケアを取り入れながら、妊活の準備を始めていきましょう。今回は、鍼灸師の手塚幸忠先生に、体全体のエネルギーを高めるツボを伺いました。

婦人科系に効く基本のツボ

三陰交(さんいんこう)

●15秒×4回を両足
婦人科系の基本のツボとなる三陰交。生理痛、つわり、更年期障害など、女性特有のトラブル全般に効く万能ツボ。

fashionbox.tkj.jp

内くるぶしの先端から、自分の指の幅4本分上がったところ、すねの骨と筋肉の境目にある。親指で押すと、刺激を感じやすい場所。

血海(けっかい)

●15秒×4回を両足
下腹部の血の巡りをよくし、ホルモンバランスを整える。生理中、腰や下腹部に重さを感じる人は押してみよう。

fashionbox.tkj.jp

膝蓋骨(膝のお皿)の内側の一番上の縁から、自分の指の幅3本分上がった、太もものやや内側にある。

【オススメ記事】

カロリーを気にせずダイエット! 覚えておきたい低糖質食材について医師が解説

ストレスに効くツボ

内関(ないかん)

●15秒×4回を両腕
ストレスが溜まったとき、精神を安定させるツボ。動悸、胸のつかえ、呼吸の乱れなどを整え、つわりにも効く。

fashionbox.tkj.jp

手と手首の境目から、指の幅3本分ほどひじ側にあるツボ。手を握ったときに出る2本の腱の間にあり、ここを押すと気分がすっきりする。

百会(ひゃくえ)

●30秒つんつん刺激
頭のてっぺんにあり、体中の多くの経絡が交わるツボの交差点。ストレスを感じたとき、自律神経の乱れを整える。

fashionbox.tkj.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ