無料の会員登録をすると
お気に入りができます

付箋といつもの手帳があればかんたんに作れる! ToDoがさくさくこなせる「種まきリスト」のススメ

ライフスタイル

やることがたくさんありすぎて何も手につかない。そんな経験はありませんか。ToDo管理の方法はたくさんありますが、この記事では、付箋といつも使う手帳やノートを使ったシンプルな方法をご紹介します。

種まきリストは、頭の中にある「種」を植え付けていくリスト

生活や仕事をしていく上で、私たちの頭の中には、絶えずたくさんの「種」が生まれます。

ひらめきだったり、後でしなくてはいけないことだったり、やってみたいと思うワクワクするようなことだったり。これらは、頭の中にあるだけだとただの種です。いくら時間が経っても芽を出すことはありません。

こうしたたくさんの種に気づいて、紙に書き出し、実際に行動して芽吹かせ、育てていく。そのために作るリストが「種まきリスト」なのです。

用意するのは3つだけ。

まずは「種まきリスト」の材料をご紹介しましょう。用意するものは3つだけです。

まず、いつも使っている手帳やノート。毎日開くものを選びます。確認する頻度を上げるためです。せっかくToDoリストを作っても、目に触れなければ意味がありません。

次に付箋です。小さめで5色くらいあるものを選びましょう。最後に、筆記用具です。いつも使っているペンを用意します。

まずは付箋の色ごとに役割を決めよう

材料が揃ったら、最初にするのは付箋の役割決めです。数種類の色の付箋を用意したら、それぞれに「どんな行動なのか?」という役割を用意します。

たとえば、ここでは、「急いでやる大事なこと」「生活のこと」「仕事のこと」「買うもの」「考える・書く・作る」という役割を持たせました。

こうして色ごとに役割を作っておくと、目的のToDoを探しやすくなります。さらに、考えるときのヒントにもなるので、ToDoを思いつきやすくなります。

時間を決めて付箋に書き出そう

付箋の役割が決まったら、実際に、ToDoを書き出してみましょう。このときに大切なのが、時間を決めることです。3~5分程度の制限時間を決めて、タイマーをセットしてから始めましょう。

時間が決まっていないと「他にもやることがあるような気がする」といつまでも考えてしまいます。すると、ToDoを洗い出すだけでたくさんの時間がかかってしまい、本末転倒に。

手帳の最初のページに貼っておこう

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ