無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春先の角質ケアはどうする?つるすべ肌に整えるためにやりたいこと

メイク

ホットタオル(蒸しタオル)を活用して、不要な角質をオフする方法を紹介します。

1つ目は、クレンジング後にホットタオルを取り入れる方法です。クレンジングをしてメイクを落とした後、ホットタオルを顔に1分~2分のせます。毛穴が開いて、汚れや古い角質が洗顔で落としやすくなりますよ。

2つ目は、スキンケア前にホットタオルを使う方法です。洗顔後、乳液やジェルクリームなどをたっぷり肌にぬったら、ホットタオルを30秒ほどのせます。その後、やさしく乳液などをふきとれば、ザラツキのないつるっとした肌に。

2つ目の方法は、角質の取り過ぎを招く可能性もあるので、毎日ではなく肌状態をチェックして取り入れてくださいね。

いずれの場合も、肌あたりのやさしいタオルを使いましょう。ごわついたタオルを使うと、肌にダメージを与えてしまうので注意してください。

ふき取り化粧水で不要な角質オフ

godmake.me

古い角質をおだやか取り除くふき取り化粧水。クレンジングや洗顔で落としきれなかった汚れをきれいにする、次に使う基礎化粧品の浸透を高めるなどのメリットもあります。

拭き取り化粧水は、メーカーの公式サイトなどで「毎日・朝晩使っても良い」と書かれている場合がほとんどですが、肌状態に合わせて取り入れるのがベター。

角質がたまりやすい小鼻や唇の下、眉間や眉を中心に、「朝晩どちらか」「週1~2回」など肌状態に合わせた頻度で使用しましょう。

また、コットンによる摩擦ダメージをひき起こさないために、肌あたりの柔らかいコットンを選び、力が入らないようやさしくふき取ってください。同じ場所を何度もふき取るのも、肌にダメージを与えるのでNGです。

洗顔後の保湿はしっかり!

godmake.me

角質ケアに保湿は絶対にかかせません。最初に触れた通り、肌の乾燥はターンオーバーを乱して古い角質の蓄積を引き起こします。

うるおいに満たされた肌は、ターンオーバーによって古い角質が垢となって肌から出ていくので、ふっくら柔らかな肌になります。

肌が乾燥しやすい時期は保湿レベルを引き上げて、肌のうるおいをしっかり守りましょう。

スペシャルケアも取り入れて

godmake.me

毎日のスキンケアの中で角質ケアをしつつ、月1~2回はスペシャルケアをするのもおすすめです。

古い角質を取り除き、肌にうるおいを与えるクレイパックや、保湿の強化対策としてシートマスクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ