無料の会員登録をすると
お気に入りができます

螺旋階段のある家 抜けと余白のある空間に光がたっぷり降り注ぐ

「北欧、暮らしの道具店」でバイヤーを務める竹内敦子さんは、吹き抜けに螺旋階段のある家で、光に満ちた温かな暮らしを楽しんでいる。

インテリア

ECメディア「北欧、暮らしの道具店」でバイヤーを務める竹内敦子さん。のどかな住宅街の日当りのいい角地に、1年程前一軒家を設けた。
「両親も兄も建築関係の仕事をしていることもあって、建物を観るのが好きだったんです。夫も戸建て派で、将来は家を建てたいねと話し合っていました」。
見つけた土地は第一種低層住居専用地域にあった。閑静な住環境と日当りが保障される一方、土地に対して建てられる面積は制限される。ここにあえて螺旋階段のある、贅沢な吹き抜けのリビングを設けることに。
「100%LIFEで螺旋階段のある家を見て、ヒントになったんです(笑)。大工さんの押しもあり採用したのですが、良かったなと思っています」。
ネット検索で見つけた地元の工務店が、設計から施工までを担当。
「決して広くはない土地でも明るく開放的に暮らしたい、光が差し込む家にしたい、とリクエストしました」。
外側からは中が伺い知れない、閉じた白い箱のよう。ところが中に入ると、光いっぱいの抜けのある空間が広がっていた。

2階からリビングを見下ろす。4mあるブラインドを通して、光が室内に届けられる。

螺旋階段がLDKの中心に。コロナのストーブが冬は大活躍。ステンレスのケトルは「北欧、暮らしの道具店」でも販売しているもの。

日当りのよさからか、ウンベラータ、エバーフレッシュなどグリーンがよく育つ。床は無垢のオーク材で。

「北欧を特に意識したわけではないのですが、もともと持っていた家具から、必然的に北欧の雰囲気になりました」。
白い壁に明るめの色味を選んだ床。シンプルな空間には、4mの高さのある大きな開口から光がたっぷり降り注ぐ。
「光がどう入るかは気になりましたね。特に水回りには窓が欲しかったので、キッチンは南側の庭向きに設置してもらいました」。
当初のプランでは窓がなかった2階のベッドルームにも、リビングを見下ろすようにガラス窓を設け、北側の玄関には光が届くよう、リビングの引き戸をガラス戸に。
「仕切りがほとんどないので、冬はコロナの石油ストーブ1台で、家中が暖かいんです。エアコンはほぼつけないですね」。
2階のフロアも、ベッドルーム以外には仕切りを設けずオープンに。いずれ家族が増えたら部屋をつくれるよう、可変性のある間取りにした。
「当初のプランではもうひと部屋あったのですが、工事中にやっぱり要らないな、と思って中止してもらったんです。だから柱にその名残りがあります(笑)」。
ひとつながりとなった空間を、暖かい光と空気が回遊する。

天井高はさらに高く取ることもできたが、工務店の提案で“落ち着ける程度の高さ”に設定したそう。

2階ベッドルームにはガラス窓を取り付けてもらった。玄関とリビングの間にはガラスの引き戸を。

シンプルを大事にしたベッドルーム。奥にウォークインクローゼットを設けた。

窓からはLDKが一望できる。ガラス窓の右側ははめ殺しに。

いずれは仕切って子供部屋をつくる予定。机はIKEAの引出しと脚に、ネットで購入した天板を載せたもの。

本を読んだりするのにも心地よい2階のフリースペース。カーテンの向こうにはベランダがある。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ