無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バンコクのカルチャー好きが集まる「LIDO CONNECT」が面白い! [週末アジア:バンコク編]

旅行・おでかけ

連載「週末アジア」は、アジアに精通している女性たちが、おしゃれなショップやカフェ、おすすめスポット、旬のニュースなどをピックアップして、まだまだ知られていないアジアの魅力をお伝えしていきます。週末にぷらっと行ける距離だから、今すぐ旅に出たくなっちゃうかも!?

バンコクの渋谷とも言われる、流行とショッピングの中心地・BTSサイアム駅。

今回はこのサイアム駅にある個性派カルチャーモール「LIDO CONNECT(リド・コネクト)」を紹介します。

「LIDO CONNECT」は、元々同じ場所で50年間営業していた老舗映画館を、新たに若者向けのカルチャー集積地としてリノベーションしたプロジェクトです。

去年8月のオープン以来、ファッション、アート、グルメ、カルチャーを楽しめるクールなコミュニティモールとしてたくさんのローカルたちで賑わっています。

サイアム駅付近には「タイの東大」と言われる名門チュラロンコン大学があり、トレンドに敏感な若い人が多く集まります。そのため、バンコクの主要なデパートやブランドショップの出店はほぼこのエリアに集中しています。

タイの人気イラストレーターJuli Bakerさんの作品。1階のエントランス付近にあります。

最近は、このチュラロンコン大学が主導するストリートアートプロジェクトも始まり、「LIDO CONNECT」の中でもたくさんのアート作品を見ることができます。

「LIDO CONNECT」は、1階が主にファッション&グルメ、2階に1スクリーンの映画館とイベントスペース、ショップが入居しています。

ファッションショーやライブ、アートイベントなどの会場としても使われており、toeやYoggy New Wavesのバンコク公演が行われたこともあるそうです!

それでは、1階のファッションのお店から気になった場所を紹介します。

1軒目は、タイ発のキャンバススニーカーのブランド「Mustard Sneakers」のショップです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ