無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いくら級のうまみ!? Twitter発「サーモンの塩昆布漬け」レシピをマネする人続出

レシピ

2. ジッパー付きの袋に入れ、約20分ほど漬ける

Photo by muccinpurin

塩昆布をまぶしたサーモンをジッパー付きの密閉袋に入れ、しっかりと空気を抜いて口を閉じ、常温で約20分ほど漬け込みます。

ジッパー付きの袋がなければ、サーモンの表面にラップをぴったりと貼り付けて味がなじみやすいようにしてください。

実食!噂の「いくら感」はどう……?

Photo by muccinpurin

できあがりました!実際に食べてみると、昆布の旨みがサーモンの表面をコーティングし、ジョーさん。が言う通りいくらのような濃い旨みが感じられます。水分を吸った昆布のねっとり感も、いくらそのもの。

サーモン、塩昆布、それぞれ旨みがある素材が合わさることで、格段に旨みが凝縮されて無敵のおつまみが誕生しました!これは箸が進みます……!

ジョーさん。に質問!

Q.ほかの魚でも代用できますか?
「お好きな魚でどうぞ。白身魚がおすすめですよ。」

Q.冷蔵保存でOKですか?
「20分漬けるのは常温で、一日置く場合は冷蔵庫で保存してください。」

Q.何日保ちますか?
「基本、作ったらすぐ食べることをおすすめします。丸一日寝かせるまでがリミットですね。」

Q.お茶漬けにしてもいいですか?
「そんなの絶対おいしいじゃん!」

もっとおいしく!アレンジレシピ3選

1. 間違いない…!サーモン塩昆布丼

Photo by muccinpurin

こんなに旨みがたっぷりなら……と、さっそく炊き立てのごはんにオン!大葉を敷いてさわやかさをプラスしてみましたが、これが大正解でした。夏は刻んだみょうがを散らしてもいいかもしれません。

Photo by muccinpurin

サーモンの塩昆布漬けだけでも充分おいしいですが、卵黄をのせるとよりまろやかになります。サーモンのねっとり感に卵黄のコクがプラスされ、超豪華な具だくさんの卵かけごはんになりました。

こんなTKGなら毎朝でも大歓迎です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ