無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ようやく来た!カッコいい「デザイン冷蔵庫」が選べる時代

リビングとダイニングをまとめて考える住宅設計が最近の主流で、家族がダイニングで過ごす時間も増えています。そんな傾向もあって調理家電のインテリア化が進んでいましたが、冷蔵庫にもようやくその波が。今まで代わり映えのない白やパステルのものばかりでしたが、見た目で選べるカッコいい冷蔵庫が選べるように!

インテリア

オープンキッチンが当たり前になって
冷蔵庫のデザイン性はより重要に

冷蔵庫にデザイン性が求められるようになったのは、間取りの変遷が関係しています。 かつてのキッチンはリビングとは独立して存在していたので、冷蔵庫を目にするのはキッチンの中だけでした。しかし近年、対面式カウンターキッチンが常識になると、冷蔵庫の姿がリビングからも丸見えに。またアイランドキッチンのようにリビングと同じ空間にキッチンを設ける住まいも増えたことで、家電のなかでもひときわ大きな冷蔵庫に、家具同様のインテリア性を求める傾向が強まっているのです。その結果増えてきたお洒落冷蔵庫を今回はチェック!

◆日立「R-HWS47KC」◆
アクタスとのコラボで生まれた
北欧家具にもなじむたたずまいが魅力

深く吸い込んだしみわたる空気のように、モイストな質感に仕上げた「Nordic Green」。ナチュラルなインテリアと調和します。定格内容積:470L 本体サイズ:H1833×W600×D699㎜ 年間消費電力量(50/60Hz):269kWh/年

・Amazonでチェック!

Amazonで

・メーカーサイトで調べる

メーカーサイト

家電も含めて自分好みの空間を作りたいというニーズに応え、日立とインテリアショップ「アクタス」のコラボで誕生した美しい冷蔵庫。北欧デザインから発想を得たという「Nordic Green」「Frost White」「Smorky Gray」のカラーリングを採用したシンプルなデザインが特徴。ドアはガラス面をより広く見せるために、樹脂部品をできる限り細くし、ハンドル部品は光が反射せず手触りもよいマットな仕上げ。性能面では日立の最新技術「まるごとチルド」を搭載。冷蔵室の棚全体を約2℃のチルド温度に設定し、作り置きしたおかずをたっぷり保存できたり、約50℃以下の温かい鍋をそのまま入れることも可能。さらにうるおいのある冷気は、ラップなしでも乾燥や変色が抑えられる便利さ。効率よく食品管理ができ、フードロスも減らせそうです。

◆アクア「TZシリーズ」◆
プロダクトデザイナー、深澤直人氏デザイン。
500Lクラスで最薄の大型冷蔵庫

キッチンはもちろんリビングにもなじむ、ウッディーなデザイン。カラーは写真のダークウッドブラウンの他、サテンシルバーも。定格内容積:512L 本体サイズ:H1825×W830×D635mm 年間消費電力量:299kWh/年

・Amazonでチェック!・楽天でチェック!

Amazonで
楽天で

・メーカーサイトで調べる

メーカーサイト

世界的に有名なプロダクトデザイナー、深澤直人氏デザインの冷蔵庫は、「自分らしさを表現するためのアイテムのひとつ」として、キッチン空間における冷蔵庫の役割や機能を一から見直してブランディング。こだわりは、本体500Lクラスの冷蔵庫を、奥行き635㎜に設計したこと。それにより、キッチンスペースを広く活用できる他、最上段まで手が届きやすいというメリットも。7本のLEDが庫内を隅々まで照らし、こちらの冷蔵庫も食材の使い忘れなし。冷凍室は180Lと大容量を確保、六つの容器に分かれているので整理しやすく、ライフスタイルに合わせた使い方ができそうです。

◆ハイアール「JR-NF468A」◆
スタイリッシュなヨーロピアンスタイル。
シンプル機能が使いやすい

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ