無料の会員登録をすると
お気に入りができます

扉がないと使いやすい⁉最近増えてる「見せる靴収納」のお洒落な成功例

インテリア

〈左〉@ayakyuragiさん、〈右〉@ma_home0211さん

靴を取り出したりしまったりがしやすいのは分かりますが、むき出しの靴が並んでいるって、ごちゃごちゃした雰囲気にならないか心配ですよね。でも、下のお手本をご覧になれば、オープンなシュークローゼットも悪くないって思いますよ。

お気に入りの靴を引き立たせたいから
あえて開放的な収納を選ぶ

@o______noieさんの投稿より。

2020年12月に家を建てた@o______noieさんのお気に入りは、モルタルを使ってスタイリッシュに仕上げた土間のある玄関スペース。「靴が好きなので、収納というより飾りたいと思ってオープンな収納にしました。靴の種類やメーカーを揃えて並べ、すっきり見えるよう工夫しています」。お客さまがいらしたとき、シューズラックは入ってすぐ目に入るので、お気に入りの靴や新しい靴は手前に、普段使いの靴は真ん中の仕切りの奥にと収納の仕方にもルールがあるんだとか。「オープンな収納にしたメリットは、靴箱の扉を開ける手間がなく、履きたいものをすぐ見つけられるところ。またシンプルな空間なのでお気に入りのスニーカーが際立つところが気に入っています」。きちんと陳列されたスニーカーは、シューズラックの向かいにある窓から入る光をうけて、まるでショップのディスプレイのようですね。

@o______noie

可動式の棚に靴や羽織もの、小物などを
陳列してアパレルショップのような空間に

@ma_home0211さんの投稿より。

@ma_home0211さんは、カーディガンなどちょっとした羽織をシューズクロークに置いておきたいなと思ったのをきっかけに収納を見直したそう。「我が家のシューズラックは棚が可動式なので、間隔をゆったりと設けられます。ラックの上部に棚を設置して靴を並べて、空いた下部には突っ張り棒をつけてアウターを掛けています。靴の高さで置く棚を振り分けると、デッドスペースもなく見た目にもきれいに並べられて気持ちいいです。空いた棚にはお気に入りの帽子やバッグを陳列しました」。セレクトショップのような空間は、ファッション好きな旦那さまにも好評なんだとか。「原色が多く悪目立ちする靴磨きセットやクリーナーは、収納ケースに入れて隠しています。ケースの色は、棚や壁紙に合わせると見た目もすっきりします」

オープン式シューズラックの
小物収納はボックスを揃えてすっきり

@ayakyuragiさんの投稿より。

家族のズラリと靴が並んだ@ayakyuragiさんのオープン収納。「以前の住まいは靴箱が小さく扉を外して使っていました。それが使いやすかったので、家を建てるときはオープン収納にしようと決めていました。夫婦揃って靴好きなので、並ぶ様子を見るだけでも楽しいですし、一目で履きたい靴がどこにあるのか分かるのでとても便利です。何よりオープン収納は靴がムレないのが◎」。お子さんの靴は取り出しやすい下段、背の高いご主人は上段と人ごとに分けて収納しているそう。また電動自転車の充電器や帽子など、こまごましたアイテムは無印良品のラタンのバスケットにそれぞれ収納。「バスケットを3個揃えたことで統一感が出ました。ふたを開けなくても中身が分かるように、箱からつり下げたタグにテプラで中に何が入っているか記しています。外出する際にさっとつけたい時計や香水はそのまま棚に陳列。来客時に臭いが気になるときは、アロマをたいて対策をしています」

@ayakyuragi

〈おまけ〉
シューズホルダーを活用して
収納力を倍増するのも手

@seicopacさんの投稿より。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ