無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれな人のクローゼットに服が少ない理由

ライフスタイル

クローゼットにはたくさんの洋服があるのに、着る物がない。そんな経験はありませんか。今回は、服を断捨離するコツを、整理収納アドバイザーの実績もある、パーソナルスタイリストの杉山律子さんに教えてもらいました。

毎朝、着たい服がスムーズに見つからない。気に入って買ったのに、ほとんど着ていない服がある。

そんな「服を活用できていない」あなたは、一度、クローゼットの中を見直しては? 整理収納アドバイザーの実績もあるパーソナルスタイリストの杉山律子さんに、上手にクローゼットを整理でき、かつおしゃれが上達するポイントを伺いました。

洋服を捨てるメリットとは?

クローゼットを「服を収納しておく場所」だと思っていませんか? クローゼットは本来、「服を選ぶ場所」なのです。

服を選べるクローゼットとは、使いたいアイテムが一目で見通せ、季節や気候が変わる2〜3カ月ごとに、気軽に入れ替えできる状態になっているものです。

ぎゅうぎゅうのクローゼットでは、スムーズな服選びができません。

また、手持ちの洋服を把握しきれていないと、同じようなアイテムを買う無駄買いの原因にもなります。

服を選べるクローゼットでおしゃれは上達する

服を選べるクローゼットにするためには、一度、手持ちの服を見つめ直し、活用できないものは思い切って処分する必要があります。

そうしてゆとりのできたクローゼットに、数は少なくても厳選されたアイテムを並べておくほうが、コーディネートがうまくいき、おしゃれも上達するはずです。

服何着あればいい?

トップス5着とボトムス5着が基本

全て組み合わせることができるトップス5着とボトムス5着があれば、25パターンのコーディネートができ、約1カ月過ごせます。

季節や気候によって、素材を変えたり、アウターをプラスしたりする必要がありますが、要は多くの数は必要ないということです。

ベースカラーに「使えるアイテム」を用意

大事なのは、数を揃えることより「使えるアイテム」を厳選して揃えること。

「使えるアイテム」のメインは、ベースカラーの脇役として使いやすい定番デザインにしましょう。ベースカラーとは、さまざまな色に合わせやすい白・黒・ネイビー・グレー・ベージュ・トープ・カーキのことです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ