無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理の不快感は"当たり前"じゃない!台湾発のムーンパンツが私たちの生理を劇的に変える

ライフスタイル

生理といえば「つらくて不快で面倒なもの」。当たり前すぎて、考えることさえ放棄してしまったこの既成概念をくつがえすために、世界中の女性が今、新しいモノを生み出しています。そのひとつが、生理先進国・台湾で生まれた「ムーンパンツ」。生理用品の常識をくつがえす快適さが魅力です。

生理用品は、第3世代に突入

機能だけを最優先させていた時代から、女性の気持ちに寄り添い、生理という体験を"良いもの"にする時代へ。今までにない生理用プロダクトが生まれるなど、現在は「第3次生理ブーム」と言われています。「ちょうど2016年から『月経カップ』が日本に入ってきて、生理用品に新しい風が吹きました。そして昨年ついに『吸水ショーツ』が広まり、話題になったんです」と語るのは、台湾発の生理用吸水ショーツ「ムーンパンツ」の日本代理店・有限会社アジュマ 広報担当の山本あやのさんです。

なぜ台湾製を選んだのか?

実は吸水ショーツ自体は、フェムテック先進国のアメリカなど既に多くの国で発売されていました。その中でなぜ台湾製に注目したのでしょうか。「まずは、台湾人と日本人の体型が似ているということですね。欧米のショーツは、どうしてもヒップのサイズが日本人と合わないのです。でも1番の理由は、台湾製ショーツの生地がとにかく"すごかった"から。どうすごいかというと、とにかく薄いんです。実際に履いてみるとスポーティーなランジェリーと寸分変わらない快適さなのに、経血がしっかり吸収できている。ヒップがレースで包まれているデザイン性も魅力で、私自身、サニタリーのイメージがガラリと変わりました」と山本さん。

とにかく薄くて、シームレス。この薄さで経血を吸収してくれるとは信じられないほど。

生理用ショーツとは思えない、シンプルかつスタイリッシュなデザイン。

実際「ムーンパンツ」を手に取ると、吸水帯の部分は4枚レイヤーになっているのに極薄。進化した生地とシームレス(縫い目がない)のため、横漏れまでしっかり防止しています。

「台湾って、とても生理についてオープンな国なんです。日本と違うなと感じたところは、男性が女性の生理について深い理解をしていること。男女間で生理について普通に会話ができるんです。生理グッズの選択肢も多いですし、そんな国で生まれたものだからこそ、日本女性にも使って欲しいと思いました」(山本さん)

イメージビジュアルに登場するモデルたちは皆、アジュマのスタッフやその友人たち。

生理の鬱陶しさから自由になった女性たちの、生き生きとした表情が伝わってくる。

漏れない、蒸れない、臭わない!ムーンパンツで生理を快適に

「ショーツを履くだけなので、感覚的には生理ではない日と何も変わりません。なのでヨガや運動中でもナプキンのズレを気にせず、体を動かすことができます。ムレないし、履きながら乾いていくので、普通の量の日(※1)なら一日中履いたままでいいんですよ」(山本さん)。普通のショーツと変わらない履き心地なので、普段づかいもOK。予定日じゃないのに突然生理になってしまった...なんて日にも安心です。

旅行に行くときも1枚持っていけば、万が一の時も安心!

実はこの「ムーンパンツ」、最近の社会情勢で、かなり認知度が広まったそう。「紙製品が品薄だと騒がれたとき『ムーンパンツ』の需要がかなり増えました。今ではもう、累計販売数1万枚を突破(※2)。洗濯機で洗って繰り返し使えるので、ゴミも出ないし生理用ナプキンを買いに行く手間もいらない。プラスチック削減になり、エコロジーの視点から見てもいいこと尽くめのショーツなんです」(山本さん)

快適さとエコに加え、万が一の時にも役立つなんて! 「ムーンパンツ」の持つ将来性の高さを感じます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ