無料の会員登録をすると
お気に入りができます

海外セレブも実践!?“ポーションコントロールダイエット”が簡単・健康的に痩せる!

美容

ダイエット中、ついつい食べすぎてしまうこともありますよね。ポーションコントロールダイエットは、盛り付け量を工夫して、1回の食事量をコントロールする方法です。食事バランスも良くなるため、健康的に痩せられるといわれています。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ポーションコントロールとは?

bybirth.jp

“ポーション”とは、“通常1回分食べる量”のことをいいます。

人によって、1回に食べる量は異なりますよね。例えば、太りやすい人は1回の食事量が多い傾向にありますし、スポーツ選手の1回の食事量は多い、など。ポーションサイズ、サービングサイズということもあります。

ポーションコントロールダイエットは、1食分の飲み物や食べ物の量をコントロールします。具体的には、料理を盛り付けするときに、バランス良くかつカロリーオーバーすることなく盛り付け、盛られた量だけを食べるという方法。その目安量については、後ほどご紹介します。

ポーションコントロールをするメリットとは?

bybirth.jp

この食事法で、どのようなことが期待できるのでしょうか?

・食べ過ぎ防止
・自然に栄養バランスが良くなる
・健康的に食生活がととのう

など、健康に良い影響があるといわれています。

皿に盛られた量だけを食べるため、食べ過ぎ防止になります。また、バランス良くさまざまな食品を摂取することで、自然と必要な栄養素を摂取できるといわれています。

そもそも、バランスが良い食事とは…?

ポーションコントロールの食事の目安とは?

bybirth.jp

皿に盛る量は、以下のようにします。

・皿の半分:野菜またはフルーツ
・皿の1/4:全粒穀物またはイモ類
・皿の1/4:肉や魚、卵、乳製品などのたんぱく質食品
・オイルなどを使う場合は大さじ1まで

その他、皿がない場合は、以下のように目安量を覚えておきましょう。

・フルーツや野菜:こぶし一つ分の大きさ
・魚、肉、卵:手のひら程度の大きさ
・じゃがいも:パソコンのマウスくらいの大きさ
・米、パスタなど炭水化物:カップ状にした手のひらの大きさ
・スナック菓子:カップ状にした手のひらの大きさ
・チーズやナッツ類:親指くらいの大きさ

これらの目安量を覚えておくと、ブッフェなど自分で食べる量を決める外食の場合にも適応できます。

コース料理であっても、ポーションサイズを小さめに、などオーダーができることもあるので、外食もポーションサイズを工夫しながら楽しみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ