無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手作り感が絶妙♡粘土でつくる植木鉢が可愛いんです

お気に入りの多肉植物や観葉植物をもっと可愛く見せるために、植木鉢を手作りしてみませんか?素朴で味のある仕上がりになるんです。

DIY
whydontyoumakeme.com

2つのお花を重ね合わせて、一番上にはめしべをイメージして小さく丸めた粘土をいくつか置きます。このまま乾かしたら、接着剤で植木鉢に貼りつけてくださいね。

ハンギングプランターも作れる!

goinghometoroost.com

つるが長い植物を素敵に見せてくれるハンギングプランターも、粘土で簡単に作ることができます。多肉植物なども、テーブルに置くのとは違う雰囲気を楽しめますよ。

必要なもの

honestlywtf.com

オーブン粘土
麺棒
幅広レース
コットンロープ(太さ5㎜以上がGOOD) 
ストロー
ガラスまたは陶器のボウル(後で取り外します)

詳しい作り方

nostalgiecat.blogspot.jp

粘土を手で捏ねて軽く丸めてから、ボウルがすっぽりと覆えるぐらいの大きさになるように麺棒で伸ばします。薄過ぎると植物の重さに耐えられないので、厚さ5㎜以上になるようにしてくださいね。

honestlywtf.com

レースを粘土の上に置いて麺棒を転がしてから、そっと剥がします。レースが小さめの場合は、これを何度か繰り返しましょう。または部分的にレース模様を取り入れてもお洒落です。

goinghometoroost.com

レース模様がついている面が表になるように、粘土でボウルを包みます。カッターで余分な部分をカットしてもOKですが、指でつまみながら形を合わせるとナチュラルな仕上がりになりますよ。

goinghometoroost.com

トップから数㎝下の位置3箇所に、ストローで穴を開けておきます。ここが紐を通す場所になります。

ボウルを逆さまにしたまま、パッケージに書いてある通りの時間と温度で粘土を焼きます。もしヒビが入っていたら、少量の粘土で埋めてもう一度焼いてみてくださいね。

goinghometoroost.com

手で触れるぐらいに粘土が冷めたら、ボウルを取り外します。底部分を押すと上手くいきますよ。完全に冷めたらロープを通して結び、土と植物を入れれば完成です。

記事に関するお問い合わせ