無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心が疲れた時に効果アリ!6つの対処法

ライフスタイル

仕事に恋愛に日々忙しく過ごして充実しているはずなのに、ふいに涙が出たり無気力になったりする……そんな時はありませんか?

何もしたくないと感じたり、なぜか涙が出たりするのは、もしかしたら心が疲れているサインかもしれません。

心が疲れているという状態は、体でいうと風邪をひいているような状態です。風邪はひき始めに治すのが一番。心も同じです。

今回は、どう対処したら良いのかを考えてみたいと思います。

心のお疲れ度チェックリスト

頭では元気だと思っていても、体や心に症状が出ている場合もあります。まずは、当てはまる項目にチェックを入れてみてください。

7つ以上当てはまる人は、心が疲れているのかもしれません。

(1)朝、目覚めた時に疲れが取れていないと感じる
(2)体は疲れているのに、なかなか寝付けない
(3)些細なことで不安になったり焦ったりする
(4)何だかやる気が湧かない、無気力
(5)集中力がなくなったと感じる
(6)好きな趣味を楽しめなくなった
(7)少しのことで涙が出てしまう、すぐに泣いてしまう
(8)些細なことでイライラしてしまう
(9)感情の起伏が激しくなったと思う
(10)あまり食欲が湧かない

心が疲れる5つの原因

心が疲れてしまう原因は、人によって違います。性格や環境、人間関係など、自分でも自覚があまりないまま心に負担がかかり、ストレスが溜まってしまっているのかもしれません。

心が疲れる原因をいくつか挙げますので、最近の出来事を思い返して考えてみましょう

(1)人に気を遣いすぎている

優しい人に多い原因です。常に人からどう思われるかを気にして、過剰に気を遣ってしまいます。

相手のためについ自分の気持ちを我慢してしまうことが多く、知らず知らずのうちにストレスが溜まっています。

(2)仕事を引き受けすぎている

最近上司から期待されている、仕事をきちんと仕上げて評価をもっと上げたい、何でも引き受けてオーバーワーク気味……。そんな状態ではないでしょうか?

期待を裏切りたくない、人に認められたいという心理状態の場合、自分が無理をしていても気が付けず、ストレスが溜まってしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ