無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ウタマロと「使い捨て寸前のアレ」が奇跡の相棒!"やりたくない掃除"の最強便利グッズに変身

インテリア

こんにちは、ヨムーノライターのayakaです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

汚れているとわかっていても、掃除が面倒な網戸。
100円ショップでも網戸掃除用のグッズは手に入りますが、面積が広い網戸では枚数が足りずにコスパが悪いと感じたり……本当に汚れた落ちているのかちょっぴり不安も。

そこで今回は、網戸掃除に強力な助っ人「ボディータオル」で網戸がとっても簡単にキレイになる方法をお伝えしたいと思います。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

身体を洗う「ボディータオル」の出番です!

ボディータオルが網戸を傷めずに細かいところもキレイにしてくれるそうなんです。

ボディータオルは新しいものではなく、使い古したものの方が柔らかくなっていて使いやすい場合もあります。
新しいボディータオルに変えようかな?と思ったタイミングで、どこかお家の網戸を1つピックアップして掃除する!なんてルールを作ってもいいかもしれません。

ボディータオルを使った網戸掃除のやり方

色々な網戸掃除のやり方がありますが、我が家の網戸掃除のやり方をお伝えしたいと思います。

網戸掃除を始める前に、100円ショップでも売られているハケ(毛が長く幅が広いものだと使いやすい)である程度の埃を取ります。

ウタマロクリーナーと水を混ぜ合わせ、ウタマロウォーターを作る

ウタマロクリーナーを水2リットルに対し10プッシュほど入れます。
ウタマロクリーナーは万能な中性洗剤。泥汚れや油汚れ、さまざまな汚れを落としてくれます。

ウタマロクリーナー単体で使うのも良いですが、水と混ぜ合わせた方が洗剤の伸びが良く、洗いやすいです。

ボディータオルにウタマロウォーターを浸し、あまり固く絞らずに円を書くように網戸を掃除

両面やるのがベストですが、時間がないときや片面しかできないときは、片面だけでもある程度の汚れは落ちるみたいです。

水が汚れていますね。
網戸全体を拭いたわけではないのに、こんなに汚れていました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ