無料の会員登録をすると
お気に入りができます

指原莉乃使用のアイテムで簡単セルフカラーしてみた!驚きの仕上がりに

ヘアスタイル

基本的には付属の説明書通りにやっていけば問題なさそうです。ニベア塗布が終わったら髪を耳から平行になる位置でハーフアップし、下の結ばれていない髪から泡を塗っていきます。最初に下からやっていくのは塗り忘れ防止のためです!

下の髪にある程度泡がしみ込んだらヘアゴムを外し、全体に塗っていきます。おでこの生え際、うなじ、もみあげに耳の裏の部分などは忘れやすいため早い内にやっておけば安心かも。

また、セルフカラーで気になるのは色ムラ問題! 指原さんは「やりにくい後頭部はたっぷりつける、家族がいる場合は確認してもらう」とアドバイスしていましたので、その通りにやっていきます。

塗り始めはなかなか液が浸透せず不安になりますが、たっぷりガンガン付けていきましょう。

カラー剤塗布が完了するとこんな感じに。念のため2箱用意していましたが、毛量多め・髪質太め・硬めで肩下セミロングの記者は1箱が丁度良かったです!

画像のように、カラー剤だけの力で髪を上でまとめられる程度塗れたら丁度良さそうです。

逆に、上でまとめられないくらいの浸透度でストップしてしまうと色ムラの原因になってしまうかも! 指原さんも、髪が長い人は2箱用意することをおすすめしていました。

■髪に巻くアレを作成

これは無くても大丈夫ですが、あれば待機中も安心できるグッズです!

まずは、中くらいのビニール袋の両端をハサミで切り離します。

頭に被せ、袋の取っ手部分を生え際と後頭部を覆うようにしてそれぞれ結んだら…

即席ターバンの完成! 20~30分程度放置する間、不意打ちで家具や壁にカラー剤が付いてしまうのを防止する策です。

それとよく、カラー剤を塗った後ラップを巻き付けますがそれの代用品でもあります。

■大満足の仕上がり!

カラー剤を洗い流し、乾かすと…想像以上の最高な仕上がりに!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ