無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自宅で簡単ヘアケアをルーティン化!サラサラ美髪になるオススメアイテム[インバス&アウトバス編]

ヘアスタイル

サラサラ美髪に、自宅ケアの方法

bybirth.jp

シャンプー前のブラッシング

お風呂に入る前に、目の荒い大きめのクッションブラシでブラッシングをします。そうすることで、その日1日の頭皮の汚れが浮き、落としやすくなります。また、頭皮の血行促進にも効果があります。髪の絡まりも取れるので、シャンプーの際の頭皮と髪の負担も減ります。

シャンプー前の予洗い

みなさんシャンプーをつける前に、しっかり予洗いをしていますか?予洗いとは、1~2分ほど何もつけずにお湯で髪を洗い流すことです。この予洗いによって、髪や頭皮についたホコリや皮脂汚れなどが7~8割ほど落ち、シャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプーで頭皮の洗浄

シャンプーは手のひらに適量を取り、しっかり手で泡立ててから使います。よくしがちなのは、髪の毛を洗ってしまうことです。シャンプーは頭皮の洗浄が目的なので、指を使って頭皮全体をマッサージしながら汚れを浮かせていきます。

そして、すすぐ時も頭皮のぬめりなどが無いようにしっかり洗い流しましょう。

週2・3回のトリートメントやヘアマスクの役割

週に2・3回トリートメントやヘアマスクを使うのが、美髪になるためにオススメです。髪の毛がダメージを受け、傷んでいるときに使いましょう。この二つは、髪の内部に栄養を与えてくれます。シャンプー後、よく水分を切ってから、頭皮に付けず、毛先を中心に内部に行き届くように馴染ませます。

アイテムによっては、付けてから時間を置くものや、すぐ洗い流しても効果があるものもあるので、必ず使用方法を確認しましょう。

コンディショナーの役割

シャンプー又はトリートメントやヘアマスク後、髪の毛の水分を十分に切ってからコンディショナーをします。コンディショナーは、髪の毛の表面を保護してくれる役割があります。

シャンプーと逆で、毛先からつけましょう。そして、頭皮トラブルにならないためにも、肌にあまりつかないように気をつけましょう。トリートメントなどと違い、なじませてからすぐ洗い流します。

時短ドライヤー方法

お風呂上がり、しっかり髪の毛をタオルドライして水分を取ります。その際、「ゴシゴシ」ではなく優しく「ポンッポンッ」と叩きます。

乾かし方は、先に粗いコームなどで髪の毛をとかした後、根元をしっかり、後ろから前へと手を動かしながら乾かしましょう。根元から乾かすことで時短になります。

ドライヤー前に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを塗るのもオススメです。その際、塗ってから一度髪の毛をとかすことで、馴染みやすくドライヤーのダメージも軽減されます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ