無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストウブを大切に使うために。「シーズニング」で正しいお手入れ♪

ライフスタイル

シーズニングは鍋を長もちさせる!

Photo by akiyon

ストウブを買ったときに、まずやっておきたいのが「シーズニング」。いわゆる “油ならし” の作業で、これをおこなうことにより、鍋を良い状態で長く使えるんです。

使い始めだけでなく定期的にシーズニングをすることで、さらに鍋が長持ちするように!鍋肌の状態がよくないと感じたら、実践してみましょう。

ストウブのシーズニング方法

Photo by akiyon

ストウブのシーズニング方法は、とてもシンプル。工程数が少なく、思ったより簡単に完了します。買ってからまだシーズニングをしたことがないという方、今からでも遅くないのでトライしてみましょう。

必要な道具

Photo by akiyon

・ストウブ
・サラダ油
・クッキングペーパー

シーズニングの手順

1. 洗って乾かしたストウブに、サラダ油を塗る。

Photo by akiyon

使い始めのストウブはシールや付属品などを外し、中性洗剤とスポンジを使いお湯で洗います。乾燥させたら、キッチンペーパーにサラダ油をつけて鍋の内側に塗り広げます。

このときあまり強くこすりすぎると、キッチンペーパーのくずが付着するので注意しましょう。シリコーン製のハケを使ってもOKです。

Photo by akiyon

鍋本体のフチはサビ止め加工がされていない部分なので、ここにもサラダ油を塗っておきます。またフタの裏側も忘れずに!その際、フチや突起部分に塗り残しがないよう丁寧に塗り広げましょう。

2. 弱火で数分加熱し、油を馴染ませる。

Photo by akiyon

鍋が焦げつかないよう注意しながらごく弱火で加熱し、油を馴染ませます。ガスコンロ・IH調理器のどちらも使用可能です。3分ほど加熱したら火を止めましょう。フタは加熱しません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ