無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失恋を忘れる「とっておきの方法」

恋愛・結婚

なぜ失恋はつらいのでしょうか。その理由を心理カウンセラーのながせなみさんが解説。心理学を応用した失恋からの立ち直り方を7つ紹介します。

「いつまでも失恋から立ち直れず、新しい恋にも踏み出せない……」そんな悩みを抱える女性は少なくありません。しかし、復縁を望むわけでもなく、ただただ失恋の痛手から解放されないとなれば、やはりそんな苦しい状況からは早く脱したいですよね。

そこで、今日は失恋から立ち直る方法を7つ紹介します。どれも心理学を基にした方法ですので、「失恋から早く立ち直りたいけど、どうすればいいか分からない」と思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

いつまでも失恋がつらい……。その理由は「執着心」

失恋をした直後に「つらい」と感じるのは、喪失感が原因だと考えられます。

喪失感とは、何かを失った経験により、心にぽっかりと穴が開いたように感じることです。手放したくなかったものだからこそ、手放すことになったときや急に失ったときは喪失感を抱きます。

そして、そんな喪失感がいつまでも消えないのは、失ったものに対する執着心があるからです。執着心とは、何かに対して強く心が惹かれ、とらわれる気持ちを指します。

例えば、

・彼に対する気持ち
・彼との思い出
・思い描いていた未来

などに対する執着心を抱き続けると、いつまでたっても失恋のつらさから解放されません。

では、そんな執着心を手放して失恋から立ち直るには、どのような方法が効果的なのでしょうか。

心理学を応用した「失恋からの立ち直り方」7選

ここからは、失恋から立ち直る方法を7つ紹介します。

(1)「忘れよう」「考えないようにしよう」と思うのをやめる

1つ目の方法は、「忘れよう」と思ったり「考えないようにしよう」と思ったりするのをやめることです。

人は、忘れようとすればするほど思い出し、考えないようにと思えば思うほど考えてしまいます。これは、専門用語で「皮肉過程理論」と呼ばれる心理が働くからです。

そこでおすすめなのが、元カレとの別れについて思い出したときに、すかさず別のことを考え始めること。

例えば、

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ