無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?今からしておきたい「生活感がでる」背中対策

美容

1.うつぶせになっておでこを床につけ、腕は手のひらを上に向けて体の横に。

2.息を吸いながら、胸、腕、足を持ち上げる。指先とつま先(特に足の親指)を後ろにしっかり伸ばす。

3.目線は上半身の上がり具合に応じて床の少し前方か目の高さへ。顎はあげすぎず、首の後ろのスペースを保てる位置に。

4.一定のリズムを保ちながら5呼吸を目安にホールドして、最後の吐く息が終わったらゆっくりとうつ伏せに戻り、チャイルドポーズで背中をゆるめて休む。

チャイルドポーズ

ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)

背筋を強化し、目線と胸をあげて気持ちを前向きにする効果も期待できます。

Photo by Yoga Journal US

やり方

1. 膝立ちになり膝を腰幅程に保って、手をお尻の少し上にあてる(指先の向きはは上でも下でもやりやすい方で)。

2. 息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら手で骨盤を前に押し出しながら胸を引きあげて目線もあげていく。太ももを床に対して垂直にする。

3. このままでキープするか、もう少しできそうな場合は両手をそれぞれのかかとに乗せる。ここでも骨盤を前に押し続けて太ももの位置を垂直に保つ。

Photo by Yoga Journal US

4. 呼吸を続けてポーズをキープ。

5.(手をかかとにつけた場合)片手ずつゆっくりと腰に戻す。

6. 吸いながら上半身を起こしてチャイルドポーズで休む。

チャイルドポーズ

顔などと違って背中は自分で見る機会が殆どなく、ヨガのポーズでも動かしにくい場所です。スッキリとした後ろ姿のために、今から少しずつ意識してみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ