無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストック推奨!業務スーパー「トルティーヤ」4つの優秀ポイントとは?

レシピ

業務スーパーの優秀食材「冷凍トルティーヤ」

Photo by muccinpurin

業務スーパーの数あるおすすめ食材のなかでも、「コスパよし、味よしでとにかく使える!」と、“業スーラバー” の間で定番になっているのが冷凍トルティーヤです。

今回は実際に冷凍トルティーヤを購入し、その優秀ポイントをまとめてみました。後半では「おうち時間」も楽しくなるようなアレンジレシピをご紹介しますよ。

業務スーパー「トルティーヤ」

Photo by muccinpurin

「トルティーヤ」198円(税別)

トルティーヤといえば、メキシコ料理のタコスが有名ですよね。トルティーヤに野菜やタコミート、サルサやアボカドをのせてくるりと巻くと、いくらでも食べられちゃうんですよね。

自分で作る楽しみもおいしさのうち、ということでパーティ料理としても使われるタコスですが、皮を準備するのが面倒ですよね。水分が少なく硬い生地は麺棒では伸ばしにくく、トルティーヤプレスという専用の機械が必要になる力仕事です。

そこで便利なのが、業務スーパーのトルティーヤ。なにしろ、解凍して軽く焼けばすぐ使え、タコス以外にも用途がたくさんあるんですよ。

1枚あたりのカロリーは?

Photo by muccinpurin

1枚あたりのカロリーは約78kcal

業務スーパー「トルティーヤ」の優秀ポイントはこれ!

1. とにかくすぐ使える!

業務スーパーのトルティーヤは冷凍で販売されています。使うときには解凍が必要ですが、トルティーヤそのものが薄いので、冷凍庫から出して10分も置いておけばぺろりと一枚ずつはがせます。

完全に解凍してから再冷凍すると風味が落ちてしまうので、使う分だけ取ったら、残りは速やかに冷凍庫にしまいましょう。袋は一度開けると封ができないので、ジッパー付きの冷凍保存袋に移し替えてくださいね。

2. 約200円という安さ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ