無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単だけどあなどれない♡シーン別オールブラックコーデ集

周りよりも垢抜けたコーデになりたいなら、ワントーンでそろえるのがおすすめ。特に黒いアイテムなら誰にでも似合い、誰もが持っていますよね。そこで簡単に洗練コーデになれる、オールブラックコーデをシーン別にご紹介します。

2017年3月
ファッション

簡単おしゃれなオールブラックコーデ

垢抜けるポイントを押さえましょ♡

簡単だけど垢抜けて見えるコーデと言えば、アイテムのカラーリングをそろえる「ワントーンコーデ」がおすすめです。なかでも簡単にトライできるのはオールブラックコーデ。黒は誰にでも似合う色だからです。

wear.jp

しかし、ただ黒いだけではおしゃれには見せられません。そこで、オールブラックかつ垢抜けコーデを、シチュエーション別にご紹介します。

オフィスシーンはCOOLパンツスタイル

ハイウエストでスタイルアップ

オフィスコーデではデキる女らしさを演出したいですよね。そこでCOOLなパンツルックが素敵です。ハイウエストのパンツにすれば、細見せ+足長効果も期待できて、スタイルアップできます。

Media?size=l
instagram.com

黒ニット×黒ワイドパンツなら、シンプルでハイセンスなコーデに仕上がります。パンツをクロップド丈にすることで、足首を見せて足を細く見せられるのもポイントです。小物でこなれ感もUPしてデキる女に。

wear.jp

トップスをINすることで、ハイウエストを強調して足長効果も高まります。ウエストマークでベルトをすれば、ワントーンでもメリハリのあるコーデに見せられるでしょう。

女子会ではおしゃれ×女っぽさがカギ

女っぽアイテム×ミディ丈の上品さが◎

女友達と集まる女子会では、男性の前ではあまりしないようなおしゃれも楽しみたいですよね。それでも出会いのチャンスはあるかもしれないので、女性らしさも感じさせるコーデにしておくのがポイントです。

wear.jp

女っぽいアイテムとミディ丈ボトムスを合わせることで、上品で女性らしい着こなしに決まります。こちらはレーストップスで女性らしく、ミディ丈スカートで上品に。オールブラックでスタイリッシュに仕上がります。

wear.jp

こちらはウエストをキュッと絞るタイプのミディ丈コート。外出時ならこれだけでコーデが完成です。ハットやタイツ、クラッチバッグなど小物でこなれ感を高めると、よりおしゃれに見えますよ。

休日のゆったりお散歩コーデ

抜け感アイテム×フラットシューズがマスト

休日にちょっとそこまで出かけるようなお散歩コーデは、決めすぎずゆるっとラフな着こなしが良いでしょう。また、歩きやすいフラットシューズがGOODです。

wear.jp

こちらはスウェットのセットアップとスニーカーのオールブラックコーデ。リュックなども合わせてスポーティーさを感じさせることで、だらしなさがOFFされます。

wear.jp

こちらはボーダーT×タイトスカートの女っぽカジュアルコーデ。フラットパンプスで歩きやすくしつつも、ポインテッドトゥなのできれいめな着こなしに決まります。

おしゃれな彼とのデートコーデ

甘辛なきれいめカジュアルが正解

彼とのデートなら、おしゃれな彼女でいたいですよね。そんなときにもオールブラックが合います。女性らしさを感じさせつつも黒で辛めに、という甘辛できれいめなカジュアルコーデを目指しましょう。

wear.jp

こちらはボーダーTでこなれ感、ミディ丈スカートで上品、ライダースでCOOLにと、甘辛×きれいめ×カジュアルのポイントを押さえたコーデです。いろんな場所に行くなら歩きやすいスニーカーが◎。

wear.jp

先ほどと同じライダース×ボーダーT×ミディ丈スカートのコーデ。きれいめを重視したいなら、足元はパンプスにしましょう。寒い季節なら靴下をプラス。ソックスが黒なら足首を細く見せられますよ。

ステキな街へ買い物コーデ

抜け感カラーな春アウターでこなれ感UP!

ショッピングやカフェに行くなど、ちょっとおしゃれな街へ出かけたいときは、ワンランク↑の着こなしをしたいですよね。そんなときはオールブラックに春色アウターをプラスしてあげると、こなれ感が高まります。

wear.jp

こちらはニット×タイトロングスカートのきれいめカジュアル。キャップやスニーカーでスポーティーに見せて甘辛に。春らしいラベンダーのブルゾンがほどよい抜け感を演出してくれます。

wear.jp

ボーダーT×タイトスカートのカジュアルコーデでは、辛めなカーキのジャケットをON。辛めなテイストで大人っぽく、抜け感カラーで春らしい雰囲気を醸し出せるでしょう。

オールブラックは奥が深い♡

wear.jp

さまざまなシチュエーションでのオールブラックコーデをご紹介しました。全身真っ黒でもコーディネートでがらりと印象が変わりましたね。いろんなシーンでのオールブラックコーデにトライしてみませんか?

記事に関するお問い合わせ