無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[アイブロウ]誰でもふんわり眉! プチプラ2in1で間違いないのはコレ

メイク

年々増えていく大人の顔の悩み。ただ、昔と同じコスメを使っていると老け見えしてしまうことも。そこで、『LDK』がメイクのプロと一緒に大人のちょい老けを撃退する優秀なプチプラコスメを探しました! 今回は、薄くなった眉でも自然で立体的に仕上げてくれるおすすめアイブロウを紹介します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

悩みがつきない大人こそコスメ選びが重要

シミ・シワ・くすみなど、大人の顔の悩みは年々増えていきます。そんな中、コスメの選び方はわからないしめんどうだからと、なんとなく昔から使っているコスメを使い続けていませんか?

間違ったコスメ選びをしていると、余計に老け見えしてしまうんです。今まで以上にメイクの力を借りたい大人こそ、老け見えしないコスメの選び方を見直しましょう。

減った毛量にやわらかすぎるペンシルではのっぺり眉に…

眉に関する大人の悩みといえば、年齢とともに眉の毛量が減って薄くなってくること。メイクがあまり得意じゃないという人が、毛量が減ってきたからといってやわらすぎるペンシルを使うのはNGです !

やわらかいペンシルは力加減がわからなくて濃く描きすぎたり、地肌にべちゃっと付いたりと、フサフサ眉とはほど遠い平面的な眉毛になりがちなんです。

プロが教える大人アイブロウ選びのPointは3つ

眉の毛量が減ってきて描きにくくなったという人は、ちょっと硬めのペンシルとパウダーの両方を使って、フサフサの立体眉を目指しましょう! W使いをすればメイクテクがない人でものっぺり眉を卒業できます。

【Point1】ペンシル&パウダーで立体眉に

ペンシルで毛を足し、パウダーでふんわり感を出せるので、テクが無い人ほど両方使ったほうが上手に自然な眉が描けて、持ちも良くなります。

【Point2】ちょっと硬めが実は描きやすい

ペンシルの芯はやわらかいほうが一見良さそうに思えますが、やわらかすぎないほうが1本1本キレイに線を描き足せるため、ちょっと硬めなくらいが◎です。

【Point3】髪より少し暗めの眉で目力アップ

眉の色は、髪の毛よりワントーンくらい暗いほうが目力が出ます。眉は元気のバロメーターなので、淡い色だと元気がなさそうに見えてしまうんです。

3つのPointをクリアしたプチプラ定番アイブロウを大検証!

テストする女性誌『LDK』では、上記3つのポイントをクリアした、ペンシルとパウダーの2in1タイプのプチプラ定番アイブロウ6製品をテストしました。

テストの基準は「仕上がり」と「落ちにくさ」で、◎+(花丸)、◎、○、△、×の5段階でそれぞれ評価。仕上がりについてペンシルとパウダーで分けて徹底検証しました。

テストの結果、大人の眉の悩みを解消する「大正解コスメ」に選ばれた製品は? 検証結果をランキング形式で紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ