無料の会員登録をすると
お気に入りができます

入れる位置で、印象が大きく変わる!顔型別・チークレッスン

チークを“なんとくなくほっぺに入れているだけの人”って意外に多いんです。でも、チークの入れる場所や入れ方で、印象が大きく変わります。自分の顔型に合っているかどうかが大切な基本になります。

メイク

顔型に合ったチークの入れ方していますか?

メイクしたとき、なんだかチークだけが浮いているって感じることがありませんか? その原因は、自分の顔型に合った位置や入れ方ではないからかも…。

Photos:Toshiyuki Furuya

流行のぽあんとしたチークは可愛いけれど、ちょっと子どもっぽく見えたり、色が主張して浮いて見えてしまうことも。ナチュラルな普段使いのメイクのチークは、自分の顔型に合っていることがポイントになります。

ニットサロペット¥6490(エアリー)

いろいろあります! チークの効果

血色感をアップし、肌を明るく健康的に見せる

立体感を作り、メリハリのある顔立ちに

顔型に合った位置に入れることで、小顔効果を発揮

リップやアイメイクと合わせることで、おしゃれ感がアップ!

Hair&Make Up:Mika Sato

チークには肌や顔の形の悩みをカバーする効果があり、色や入れ方で印象が大きく変わります! “なんとなくほっぺに入れているだけ”なんて、もったいなさすぎ。もっともっと、使いこなしてみませんか?

顔型別のチークの入れ方を知ろう!

では、基本となる顔型別のチークの入れる場所と、入れ方についてイラストで詳しくご紹介。いつもと同じ色を使っていても、印象が変わるはず! ぜひ、試してみてください。

ニット¥16,000(ガス)

卵型さん

Illustration:Hitomi Mizorogi

頬のニッコリ笑っていちばん高くなるところがベストポジション。立体感がアップし、メリハリのある顔立ちに仕上がり、最高にキュートな笑顔を演出します。くるくるとなじませたあと、頬骨に沿って斜め方向へ抜き、ぼかします。

記事に関するお問い合わせ