無料の会員登録をすると
お気に入りができます

折りたためるマイカップ「stojo(ストージョ)」の使い心地をレポート!

ライフスタイル

「stojo(ストージョ)」ってどんなブランド?

Photo by akiharahetta

毎年5,000億個が消費されている一度限りの使い捨てカップ。そのほとんどがリサイクルされずに、焼却や埋め立てなどの廃棄処分となっているのが事実です。ゴミを出さないマイカップで環境にやさしく、しかも持ち歩ける軽い素材でと誕生したのが「ストージョ」です。

ちょっとユニークな響きの「ストージョ」という名前は、英単語の「stow=しまい込む」と「joe=コーヒーを意味するスラング」を組み合わせた造語なんですよ。

「ストージョ」の特徴をチェック!

Photo by akiharahetta

「ストージョ」には、グランデサイズ対応のBIGGIE470mlと、ショート・トールサイズ対応のPOCKET CUP355mlの2サイズがあります。こちらはBIGGIEで、本体・フタ・スリーブ・ストローの4つのパーツからできています。

詳しい説明書付きで、読めば組み立て方やたたみ方がすぐにわかるようになっていますよ。また、公式HPには動画もあるので、そちらをチェックするのもいいかもしれません。

Stojo How to Video|YouTube

熱いコーヒーにも対応したシリコンとポリプロピレン素材

Photo by ストージョを指で押しつぶしているところ

素材はやわらかくて丈夫なシリコンとポリプロピレン製。とても軽いので、バックやポケットに入れて持ち歩くのにぴったりなんです♪

冷たい飲み物はもちろん、熱いコーヒーやお茶を入れてもOKなんだそう。熱に強いので、洗う際は食洗器にかけることも可能ですよ。

Photo by ストージョのスリーブ部分を指でつまんでいるところ

熱いドリンクを飲むときにあると便利なのがスリーブ。手を熱から守り、カップを持ちやすくするためのアイテムです。もちろん「ストージョ」にもちゃんと付いています。

本来の機能だけではなく、デザイン性もよく考えられており、さりげなくロゴが印字されていておしゃれ。また、「ストージョ」の本体のやわらかい部分をホールドする役目もあるんです。

カップ内に収納できるストロー

Photo by akiharahetta

ストローも同じくシリコンとポリプロピレンでできています。なので、こんなにしなやか。カップの中に簡単に収納することが可能なんです。

世の中からプラスチックのストローが消えつつある今、新しいマイストローとしても使えそうですよ。ただし、ストローが付くのはBIGGIE470mlのみで、POCKET CUP355mlには付属されませんので、ご注意くださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ