無料の会員登録をすると
お気に入りができます

市販のコースターが大変身♡annasさんと作る「紙刺繍のメッセージタグ」

人気刺繍作家annasさんが基礎から教える刺繍教室がLOCARIに開講♡針と糸をしばらく触っていない人でも、刺繍は始められます。月替りで可愛い作品が登場するので、作るモチベーションもアップ!動画を見ながら一緒に練習していきましょう。

DIY

・刺繍針

フランス刺繍針を使用します。​刺繍専用の針を使うと糸がスムーズに入ります。​針の太さは、刺繍糸の本数によって使い分けましょう。​メーカーによって番号が違うのでパッケージを参考に。

・ピンクッション

針をテーブルなどに直に置いておくと落としたり、無くしたりして危険です。ピンクッションに毎回刺すようにしましょう。

・目打ち

コースターにステッチ用の穴を開ける時に使います。押しピンなどでも代用できます。

・糸切りハサミ

和バサミではなく、先の尖ったものが使いやすいです。

・25番刺繍糸

メーカー品がオススメです。メーカー品の方が艶もあり、初心者でも仕上がりがきれいになります。​(今回はルシアンのcosmoを使用)​

・鉛筆

図案を写した紙の裏を塗りつぶす時に使用します。HBやBなどやわらかめの芯のものがオススメです。

・トレーサー

紙の上からなぞって図案を写す時に使います。ボールペンでも代用できます。

紙に刺繍する方法

instagram.com

ここからは、紙刺繍の方法を解説します。
①図案をダウンロードしてA4で印刷し、刺繍したいもののサイズに合わせて切り取る。
②図案を裏返して鉛筆で塗りつぶす
③コースターの上に図案を重ねてトレーサーでなぞる
④カッティングボードの上でコースターに穴を開ける
⑤刺繍糸を3本引き出し、刺し方イラストと同様に刺繍する
⑥刺繍が終わったら、裏返して玉留めする

図案

©Anna Kawabata 2017

こちらの図案を下記のリンクからダウンロードして印刷して使います。

図案ダウンロードはこちら(A4版)
記事に関するお問い合わせ