無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「夏は痩せやすい」というのは間違い!「夏太り」を防ぐ3つのポイント

美容

「夏」というと「夏痩せ」という言葉があるので、痩せやすい時期と思っていませんか?
実はこの考え、間違いです!夏はむしろ体脂肪が付きやすくなる条件がいっぱい重なるので、太りやすい時期と言えるのです。
そこで今回は、「夏太り」を防ぐために知っておきたい3つのポイントをお伝えします。

ポイント3:「身体を動かすこと」を習慣づけるようにする

そして何よりも身体を動かすことが大切です!暑いとどうしても活動量が少なくなりがちですが、日頃からストレッチやウォーキング、筋トレなどを習慣づけるようにしましょう。

特に筋トレは、筋肉量を増やして基礎代謝量を高めるために必要です。この時のポイントは、下半身の筋肉を強化するエクササイズを行うことです。なぜならば、全身の筋肉のうちの約70%を下半身が占めていると言われているからです。

具体的にはお尻や太ももの筋肉を刺激する「スクワット」や「フォワードランジ」と、ふくらはぎの筋肉のエクササイズである「カーフレイズ」を、休養日を挟みながら週2~3回行うようにします。

(1)スクワット

bybirth.jp

10回を1分間の休憩を挟みながら3~5セット行います。

ポイント

お尻と太もも裏の筋肉に効かせるポイントは、上体を前傾させることです。上体を前傾させることで股関節の曲げ伸ばし動作が協調されやすくなるため、股関節伸展筋群であるお尻と太もも裏の筋肉に効かせやすくなります。

注意すべき点

動作中は膝への負担を少なくするために、膝がつま先よりも前に突き出さないように注意しましょう。また、つま先と膝が同じ方向を向くようにしましょう。

(2)フォワードランジ

bybirth.jp

左右交互20回を、1分間の休憩を挟みながら3セット行います。

ポイント

お尻を真下に下ろすように心がけることで、お尻と太ももの筋肉に効かせることができます。

注意すべき点

スクワットと同様、動作中は膝がつま先よりも前に突き出さないようにしましょう。また、つま先の真上に膝が位置しているようにします。

(3)カーフレイズ

bybirth.jp

15~20回を、1分程度の休憩を挟みながら3セット行いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ