無料の会員登録をすると
お気に入りができます

放っておくと汚い…!エコバッグの正しい洗い方と気をつけるべきポイント

ライフスタイル

2020年7月から本格的に始まるレジ袋有料化に向け、エコバッグの需要が高まっています。いまや買い物に欠かせないエコバッグですが、毎日使ううちに少しずつ汚れ、そのままにしておくとカビが発生することも……。そこでこの記事では、エコバッグの洗い方や清潔に保つ方法をご紹介します。

日々の生活に欠かせないエコバッグ

Photo by muccinpurin

ここ数年、環境に対する配慮からエコバッグの利用を推奨するお店が増えています。2020年7月から本格的なレジ袋有料化が始まるのを受け、エコバッグを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。

すでにエコバッグを使っている人も、そうでない人も、もう一度エコバッグの使い方やお手入れ方法を見直してみませんか?

エコバッグは不衛生になりやすい…?

Photo by muccinpurin

畳んで持ち運べ、いつでも使えて便利なエコバッグですが、目に見えない汚れが付きやすく、不衛生になりやすいんですよ。

肉や魚の汁もれやお惣菜のカス、さらに冷蔵品の表面に付いた水滴が生乾きになることで、カビが発生するおそれも……。一度使ったエコバッグを畳んでまた持ち運ぶうちに、だんだんと菌が繁殖してエコバッグそのものが不衛生になっていきます。

食品を入れることが多いエコバッグが不衛生だなんて、ちょっとおそろしいですよね。気温が上がる夏こそ、菌の活動が活発になるので一層の注意が必要です。

エコバッグの洗い方

Photo by muccinpurin

エコバッグを衛生的に保つには、定期的に洗うのが一番。洗う前に取り扱い表示を確認し、素材に合った洗い方を選んでくださいね。

取り扱い表示がないものは、どんな素材でできているかを参考に洗いましょう。

洗濯機で洗う場合

Photo by muccinpurin

洗濯機で洗う場合、取り扱い表示をもとに、素材に合った洗い方で通常通り洗ってください。エコバッグにはジッパーやマジックテープなどが付いたものが多く、ほかの洗濯物を傷つけたり、洗濯もの同士が絡まったりする可能性があるので、洗濯用ネットに入れて洗うと安心です。

また、濃い色のエコバッグを洗う場合は色落ちする心配があります。事前に目立たない場所に洗剤の原液を垂らし、しばらく時間を置いて色落ちしないか確認しておきましょう。

手洗いの場合

Photo by muccinpurin

手洗いする場合は洗い桶にぬるま湯をはり、洗濯用洗剤を少量加えて溶かします。エコバッグを沈めて手で押すようにやさしく洗い、きれいな水ですすいでください。エコバッグのなかには水を通しにくい素材でできたものもあるため、その場合は直接流水を当ててしっかりと洗剤を洗い流してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ