無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性が「相性いいな」と感じた女性の言動

恋愛・結婚

恋を長続きさせるためには「愛情」と「相性」が大切です。

恋を長続きさせるためには「愛情」と「相性」が大切です。

「愛情」は培っていくことができますが、「相性」だけは、もともと持っている価値観や性格、考え方に依存してしまうもの……。

どんなときに男性が「この子と相性いいな」と感じるのか。

体験談からそのタイミングを探って、男性の心を惹きつけるチャンスを探ってみませんか?

ワリカンの感覚が同じだったとき

「相性といってもいろいろなんですが、やっぱり『支払い』に関する感覚ですかね。お金のことって、なかなか自分の感覚とか、考え方って言いにくいじゃないですか。

たとえば、この前一緒にご飯に行ったとき、ふたりで4250円だったんです。『2000円ずつだそっか』とすかさず言ってくれて、僕が『200円あるよ~』と言ったら、『あ、じゃあ50円あるから出させて』という感じに。

時間もかからず、ポンポンポンとワリカンとして出し合えると『相性いいな』って思えます」(29歳・男性・アパレル店員)

奢りか、ワリカンか……そんな感覚は人それぞれ違うもの。

この感覚が似ているなら、たしかに相性もよく、今後も揉めることが少ないはずです。

相手が奢るつもりなら、素直に喜ぶのも大切ですし、自分が出したいときは、素直に金額を伝えるのが◎。

こういった会話から「相性がいいな」と感じてもらうことができるかもしれません。

話し合いたいときに話し合える

「付き合って2年になる彼女とは、ときどき意見が食い違います。お互い自分の意見はしっかり持ってるので、うっかり言い合いになりそうなときもありますが、そんなときはお互い『じゃあ明日もっかい話そ』となります。

ふたりともその感覚をもってるおかげで、感情的にならずに一旦冷静になってから話し合えるので、いつも最後は『相性いいな』と感じています」(33歳・男性・会社員)

人によっては後回しにせず、そのときじっくり話し合うのが最善と考える人もいるでしょう。

どちらにせよ、「どのタイミングで話し合うか?」という感覚が似ているなら、少し意見が違っても、最後には円満に解決できるはずです。

なにが楽しみかを語り合えたとき

「デートがいよいよ明日。そんなとき彼女といつも、明日の楽しみについて話します。以前付き合っていた子は、そういう話をしてくれず『明日決めればいいじゃん』とそっけない感じ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ