無料の会員登録をすると
お気に入りができます

始めよう、美髪活動! 高コスパ“キレイ髪”ケアアイテムだけ33個集めました♡

ヘアスタイル

天使の輪が輝くキレイな髪は憧れですよね。現実には乾燥やうねり、ボリュームなど髪に悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。サラツヤ髪になりたい方のためにテストする美容誌『LDK the Beauty』がお値ごろで優秀なアイテムをご紹介します。お得に美髪を手に入れましょう!

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』2020年5月号の情報を編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

天使の輪が輝くサラツヤ美髪は憧れですよね。美髪とはハリ・コシ・ツヤのある健康そうに見える髪のことなんだとか。

[髪のハリ]
髪のハリは、髪の強度のことを表します。髪を引っ張ったとき、すぐに切れてしまうようではハリがないと言えるでしょう。具体的には、乾いた状態の髪1本で150g程度の重さに耐えられるとされています。これに耐えられる髪なら、ハリがあるということです。

[髪のコシ]
コシとハリの違いって意外と曖昧だったりしませんか? ハリは髪の強度のことですが、コシは髪の弾力のことを言います。たとえば、お肌には圧力が加わると押し返す力がありますよね。コシのある髪もなんらかの力が働くと、元に戻ろうとします。この力が強いほどコシが強いということになります。

[髪のツヤ]
髪のツヤは髪の水分量のことです。サラツヤ髪の水分量は一般的に12~14%と言われています。髪の水分量が少なくなると、はねたり広がりやすくなったりしてヘアスタイルが決まりにくくなってきます。見た目にもパサついて美髪とはほど遠い髪になってしまいます。

実は、ハリ・コシ・ツヤのある美髪を手に入れるのは、決して難しいことではありません。髪のダメージの原因を知って、正しいケアをすることによって誰でも美髪になれるんです。

とは言ってもヘアケア製品はとても数が多くて、何を選んでどんなケアをするのが正しいのか迷っちゃいますよね。

そこでテストする美容誌『LDK the Beauty』が過去にテストした数々の美髪関連アイテムから、お値頃で成績もよかったアイテムを厳選してチョイス。

専門家と編集部、モニターなど総勢50名以上が参加して、「安くて良い」ことを基準にジャッジしました。お値ごろで成績も良かったものをランキング形式でご紹介していきます。

今回の検証では、Amazonや楽天市場、ドラッグストアなどで入手可能な美容関連のさまざまなアイテムがエントリー。シャンプー&コンディショナー、ヘアドライヤー、ヘアスタイリング剤、ブラシなど多岐に渡りますが、あえてジャンル分けはしていません。美髪関連アイテムとして本当に「安くて良い」モノをジャッジ。そのなかで採点者全員が満点評価を下したアイテムを最初に発表しちゃいます!

モイストダイアン
パーフェクトビューティー
エクストラダメージリペア
ヘアマスク
購入価格:968円

見事1位に輝いたモイストダイアン「ヘアマスク」は、何度検証してもベストバイとなる本物の実力を持ったアイテム。ホームケアでもヘアサロン帰りのような指通りに仕上がります。

詳しくはランキング発表の際にご紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね!

ダメージヘアの原因は、パーマやヘアカラー、紫外線などがあげられます。そして、毎日しているシャンプーも洗い方によっては髪を傷めてしまうことも! 美髪のための努力もダメージの原因となってしまっては元も子もありません。正しいケア方法を知って、サラツヤ美髪を手に入れましょう!

シャンプーがダメージの原因なんて意外かもしれませんが、指で髪をゴシゴシ洗うとキューティクルを傷つけてしまい髪が傷んでしまうんです。指の腹で優しく頭皮を汚れをもみだすように洗うようにしましょう。また、朝も夜もシャンプーすると、皮脂を取りすぎてしまうことも。シャンプーは夜ベストです。それでは正しいシャンプーの仕方をおさらいしていきましょう。

[1]乾いた状態でブラッシング
乾いた状態でブラッシングをすることにより、髪の汚れを浮かせて落としやすくします。また髪をほぐすことにより、シャンプー中に生じる余計な摩擦からのダメージを防いでくれます。

[2]頭皮から毛先までたっぷり濡らす
まずは髪の内側までしっかり濡らします。約2分間、しっかりと予洗いすることで毛穴が開き、ほとんどの汚れを落とせます。

[3]手で泡立ててから頭につける
シャンプーを髪の毛につけてから泡立てるのはNG。摩擦が生じて痛んでしまいます。手の上で泡立ててから髪の毛につけましょう。

[4]指で汚れをもみ出すように洗う
泡を髪につけたら、左右の指の腹で頭皮をもみ出すように洗うのがポイント。左右の指の間は3cmくらい空けましょう。くれぐれも爪を立てないように、指の肌を使って洗いましょう。毛先は、髪の根元についた泡を指の間に絡ませて、スーッとすべらせるだけでOK。毛先まで来たら、その泡を再度てっぺんに戻すという手順を繰り返します。

[5]最後にしっかりすすぐ
せっかく毛穴汚れがキレイになっても、シャンプーのすすぎ残しがあると台無し。うねり毛だけでなく、かゆみやニキビの原因になることもあります。頭皮から毛先まで、しっかりとすすいで泡を洗い流しましょう。

シャンプーの後はヘアマスクなどでダメージケア成分を補給しましょう。

本来は髪に水便や栄養分を与えるヘアマスクですが、正しい使い方をしないと髪に余分なシリコンが蓄積したり、毛穴に詰まってニオイの原因になったりします。ヘアマスクの補修成分を髪の奥まで届けて美髪をめざしましょう!

[1]髪の水気をしっかり取る
水分が残ったままだとヘアマスク成分を弾いて浸透を妨げることに。塗布する前に水分をしっかり切っておきましょう。

[2]ヘアマスクを毛先からつける
痛みやすい毛先を中心に塗布してから、髪全体に行き渡るよう手ぐしでなじます。頭皮につかないよう注意してくださいね。

[3]目の粗いコームで全体になじませる
ロングの方は、目の粗いコームで毛先 → 中間 → 頭頂と上に向かってとかすとトリートメント成分が浸透しますよ。

[4]最低3分は放置して洗い流す
温めるとキューティクルが開くので、蒸しタオルを巻いて3分間放置。その後はぬめりがなくなるまでしっかりすすぎましょう。

しっかりすすいだ後は、髪を乾かしましょう。自然乾燥は髪を痛めて、パサつき&うねりの原因にもなるので、必ずドライヤーで乾かすようにしてくださいね。

シャンプー後はしっかり髪を乾かすためにもドライヤーはマストアイテムです。しかし、キューティクルは熱に弱いので、ドライヤーの使い方に気をつけましょう。

早く乾かしたいから、とドライヤーを髪に近づけすぎてはNG。髪とドライヤーは20cmくらいの距離を維持し、根本から乾かしていくようにします。このとき、一極集中せず全体に分散して温風をあてるようにしましょう。そして完全乾燥の一歩手前まで乾いたら、冷風で仕上げることウルツヤ髪に!

お肌には日焼け止めクリームなどを塗ってUVケアをするように、髪にもUVケアは必要です。髪に降り注ぐ紫外線量はお肌の2~5倍ほどと言われており、髪の毛も日焼けすることによって、パサつきや痛みが出てしまいます。UVケアスプレーを使用したり、日傘をさしたりするようにしましょう。

リーベン
ひんやり傘
晴雨兼用(大きい傘)
購入価格:3020円

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ