無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[整理収納アドバイザーが伝授]省スペースで形崩れなし!カバン収納実例と便利グッズ

インテリア

様々な大きさや形のカバン、スッキリ収納するのは意外と難しいもの。
仕事用、プライベート用、アウトドア用とシーンによって使う頻度も異なるので、うまく片付けられないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、我が家のカバンの収納法をご紹介します。

いつも使いのかばんは「置くだけ」コーナーフックで帰宅後すぐに片付く

少しそこまで、のお買い物などに使う普段使いのかばんは、キャンドゥのポン!と置くだけコーナーフックを、キッチンの棚横に設置。帰宅後のカバンの定位置にしています。

使用頻度の高いカバンは玄関やリビングなど、サッと取り出せる場所に定位置を決めると、出し入れがラクになります。
いつも使うから……と定位置を決めていないと、探すことになったり散らかった部屋の元になりますよ

エコバッグ・子どものスポーツバッグの定位置は玄関の突っ張りポールで

玄関の突っ張りポールはエコバッグの定位置にすることで、エコバッグの持ち出し忘れを防げます。また、子どもたちのスポーツバッグも玄関を定位置にすることで、カバンについた砂ぼこりの侵入を防ぐことができますよ。

普段使いのカバンはクローゼットの壁面に掛ける収納で見渡しやすく

クローゼットの壁面を有効活用!

活用しているのはニトリのジョイントバッグハンガー。
繋げて、分けて組み合わせ自在、フックは6個。ドア用フック、ハンガー用フックと2種類の付属品があるので、ドア、折れ戸、クローゼット、壁に設置可能です。

普段使い用のカジュアルなカバンは、クローゼットの壁面に収納。
ニトリのジョイントバッグハンガーを設置して、掛ける収納にしています。こうすることで、見渡しやすいカバン収納に。洋服、アクセサリーを収納しているクローゼットなので、コーディネートに合わせて、カバンを選ぶことができますよ。
また、ケースなどにしまい込んでしまうと、カビやニオイが気になりますが、掛ける収納にすることで風通しもよく、カビヤやオイも気になりません。

形崩れが気になるカバンはダイソーの吊り下げ収納ボックスで

型崩れの気になるカバンの収納にオススメはこちら、ダイソーの吊り下げ収納ボックスです。
置くだけ収納で見渡しやすいカバン収納になります。

カバン収納にはブックスタンドが大活躍!

カバン収納には、ブックスタンドが大活躍することを知っていましたか?
我が家ではニトリのブックスタンドで立てる収納に。カバンが自立するので、形を保ったまま収納することができます。クローゼットの上段や、棚などにカバンを見せたまま収納したいときは、ブックスタンドが便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ