無料の会員登録をすると
お気に入りができます

とんでもないデカさのにぎり寿司を食べられる わかさ鮨がコスパ最高

グルメ

デカ盛りで人気のわかさ鮨、味も最高だった

100円回転寿司の大きさに慣れてしまうと、港町などで食べる大きめの握り寿司を見て「デカっ!」と思ってしまうことも多い。

そんなデカい寿司といえば、東京都三鷹市にある寿司店のわかさ鮨は、とんでもないデカさのにぎり寿司を食べられることで知られている。

■デカ盛り寿司が人気の店

店は住宅街にあり、最寄りの三鷹駅から徒歩20分ほどかかる。

ランチは1200円とリーズナブルな価格だが、実際に頼んでみると…!!

関連記事:くら寿司「AIまぐろ」普通のまぐろと変わらない説 本当か確かめてみた結果

くら寿司「AIまぐろ」普通のまぐろと変わらない説 本当か確かめてみた結果

■とにかく巨大な寿司

ランチの内容は寿司のゲタからはみ出るほど盛られたにぎり8貫と、鉄火巻き。

写真だとわかりづらいが、1つが回転寿司の数倍の大きさのにぎりである。

■ふんわりと握られていて激ウマ

まず手始めにイカを食べると、デカいのでにぎりもカチカチかと思いきや、予想外にふんわりと握られていて激ウマ!

まぐろは100円回転寿司のまぐろの8倍ぐらいはありそうなデカさで、食べ応えがハンパじゃない。それなのに身はしっとりしたいいまぐろを使っており、臭みは感じられなかった。

関連記事:横浜の寿司店の「かまとろ丼」が激安すぎて震える 神奈川県イチのコスパに認定

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ