無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレを置くだけ!…ヨーロッパにならう心地良い「おしゃれ部屋作りのコツ」

インテリア

現在ベルリン在住のファッションジャーナリスト、平野秀美さんのスナップレポートです。今回は、ヨーロッパでも大人気の観葉植物を紹介します。

日本でも新型コロナウイルスの状況が安定しないように、世界中がまだ揺れ動いています。テレワークをしたり、できるだけ外出を控えるようにしている方が増えているなか、お部屋の模様替えやイメージチェンジをしたい方も多いようです。

そこで本日は、ヨーロッパのようにグリーンを上手に使ったお部屋にするための、おすすめの観葉植物を紹介いたします。

ダントツ人気のモンステラ(Monstera)! 初心者向け

モンステラはここヨーロッパではとても人気で、まず最初に植物を買うなら、モンステラ! というくらい定着している印象です。また定期的に開催される観葉植物販売イベントなどでも、モンステラは必ずメインブースにあります。

日本でも、風水からも良い観葉植物とされているようで、縁起が良い観葉植物なんだとか。

なぜそこまで人気? その穴が空いた葉っぱがエキゾチックであり、切れ込みが可愛かったりといった見た目のほかに、直射日光に当てすぎると葉が焼けてしまうので、室内で育てるのが良いといわれており、また水やりも土が乾いてからなのでとっても簡単。

冬場は気温や湿度等のコンディションにもよりますが、2週間〜4週間に1度の水やりでいいくらいなので、ここヨーロッパのあまり日が当たらない地域でも室内で簡単に育てられるとあって人気のようです。

また、育ってきたらモンステラの茎の部分を土や水に入れることで、簡単に増やすこともできるんです。成長が早く、目に見えて育ってくれるので、とても愛着も湧きます。

モンステラといっても、種類はなんと30~40種類ほどあるようで、色が異なるものから大きさの違うものなど、本当にさまざまな種類があるようです。

どんどん増える! 伸びる! モンステラ モンキーマスク

こちらも同じくモンステラではありますが、葉の中の穴が多めで葉は小さく、だいたい手のひらサイズくらい。

節間(茎の節と節の間)が短く生育していくので、どんどん育っていくと、写真のように全体がとてもきれいに見えます。上手に壁にかけたりして自分なりに楽しんでください。

長くなるとここまでどんどん長くなります。壁に沿わせるとよりオシャレに見えます。

オリーブの木は飾るとヨーロッパにいるみたいな雰囲気に!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ