無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アイラン時短テク! これなら忙しい朝でもサクッとキレイ♡

忙しい朝は、アイラインもテキトーになりがちですよね。そんな人におすすめのアイライナーと、キレイに引けるアイラインテクニックを集めました! 昔覚えた古いメイク術のままの人や、アイメイクに時間がかかっている人は、この機会に新しいメイク方法を試してみませんか。

メイク

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』の過去の記事の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

アイラインといえば、ブラックのライナーでしっかり目を縁どるイメージが強いですが、黒のくっきりしたラインは目元を強調しすぎてしまいます。毎日のメイクには重く、やりすぎるとパンダ目になったりうまく引けなくてガタついたりしまうことも……。忙しい朝には、なるべく簡単にメイクを済ませたいですよね。

最近では、「毎日のメイクには黒よりもブラウンのアイライナーを使う」という人が増えています。

そこで今回はプロのメイクさんがおすすめする、アイラインの時短テクニックと今風の抜け感が作れる最新のアイライナーをまとめました!

ところで、涙腺の近い目頭部分は涙でにじみやすいのでメイクが難しい箇所。まばたきするだけでもにじんでしまい、時間がない朝だと余計に焦ってキレイに描けないということありませんか。

プロのメイクさんによると、日常メイクの最新トレンドは「ブラウン系のアイライナーで2/3程度ラインを引いて、ナチュラルに見せる」なんだそう。

とくに、肌なじみの良いブラウンカラーはやわらかい印象で、ふだんのメイクに最適なんだとか。ラインを引くのが難しい目頭部分をあえて描かないようにすれば、不器用さんでも失敗しないし、時間のない朝にやり直すこともなく、時短になるとのこと。

目頭を避けてアイラインを引くポイントは、黒目の内側からラインを引き始めること。目尻に向けて少しずつラインを引いていきます。

目尻まで引けたら、上まぶたの形に合わせて筆をスッと逃がすように流します。力を抜いて、自然に筆が離れるようにするのがコツです。

アイラインをうまく引けるかどうかは、使いやすいアイライナーかどうかにもかかっています。それに、一口にブラウンと言っても、さまざまな色合いで黒に見えるものもありますよね。

そこで、人気のブラウンカラーのアイライナー10製品をピックアップし、「仕上がり」「崩れにくさ」に注目して、徹底的に検証しました。

[TEST1 :仕上がり]

モニターさんに実際にアイラインを描いてもらい、プロが仕上がりをチェックしました。

[TEST2 :崩れにくさ]

アイライナーを塗った上から人工皮脂を垂らしてこすってみて、崩れにくいかどうかをテストしました。

その結果、もっともおすすめだったのはこちらでした。

ヒロインメイク
スムースリキッドアイライナースーパーキープ
カラー:02
実勢価格:1100円

絶妙な赤茶色のカラーと、崩れにくさの両方を兼ね備えた「ヒロインメイク」のアイライナーが堂々の1位を獲得! 筆の硬さもほどよく、ラインがガタつかずにまっすぐ引けるので、使いやすさ抜群です。

お湯でオフできるのに、涙や汗などの水分と皮脂をしっかりはじいてキレイなラインを長時間キープ! 高発色のブラウンカラーが黒よりもやわらかい印象でくっきりとした目元になりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ