無料の会員登録をすると
お気に入りができます

素直じゃない人の意外な心理

ライフスタイル

素直になれない自分に、嫌気が差すことはありませんか? つい思ってもいないことを言ったり、ひどい態度を取ってしまったり……。そんな自分を嫌いになってしまう前に、試してほしいことがあると心理カウンセラーの桑野量さんは言います。素直になるには何をすればいいのでしょうか? 詳しく紹介します。

(1)過去に否定された経験が多かった

子どもの頃に自分の意見を拒否されたり、否定されたりしたことが多くあったならば、それがトラウマになって素直になれなくなってしまうことがあります。

(2)過干渉の親がいた

過干渉な親がいると、常に自分の気持ちが監視されているような気分になります。そして、自分の気持ちを悟られないように、素直な気持ちを隠してしまったのかもしれません

(3)威圧的な人がいた

直接は自分の意見を否定されなくても、威圧的な人が身近にいるとそれだけで自分の意見が言えなくなってしまうこともあります。

(4)信じた相手に裏切られた

例えば恋愛において、彼氏にだけは素直に何でも話せたのに、その彼氏との破局を迎えてしまったという経験があると「自分は素直になったのに彼に裏切られた」という心の痛みになることがあります。

そうすると、また裏切られるかもしれないという思いから、素直になれなくなることがあります。

(5)いじめられた経験がある

過去にいじめられた経験があり、その時に誰も助けてくれる人がいなかった場合。それが理由で、自分の気持ちを素直に表現することをやめてしまうこともあります。

(6)子どもの頃に一人で過ごす時間が多かった

子どもの頃、誰かとコミュニケーションを取ることが少なく一人で遊ぶことが多かった場合、人に気持ちを伝えることよりも、自分の世界の中にいる方が落ち着くようになってしまいます。

それにより、人に素直に気持ちを伝えることができなくなっていくのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ