無料の会員登録をすると
お気に入りができます

サラツヤ髪にもダメージ補修にもなるオススメ“ヘアオイル特集”!

ヘアスタイル

この時期、髪の傷み、毛先のギシギシした感じやパサつきが気になりませんか?特に、夏の強い紫外線はもちろん、毎日使うコテやアイロンなどでの熱ダメージを受けやすい髪の毛は、毎日ケアしましょう。

今回ご紹介するのは、ドライヤー前やスタイリング剤として使い心地の良い「ヘアオイル」です。自分に合ったヘアオイルを使うことで、しっかり髪を熱から守り、ツヤやサラサラ感のある髪を手に入れましょう。

ヘアオイルの効果

ヘアオイルを使うことで、髪の毛に潤いやツヤを与え、乾燥を防ぐことができます。さらに、ドライヤーの熱ダメージを防いでくれたり、紫外線で受けた髪のダメージを補修し、パサつきを抑えてくれます。

髪の毛の広がりに困っている方は、広がりを抑えることもでき、まとまり感がでやすくなるので、清潔感をアップさせることができます。

オススメヘアオイル

ナプラ N. ポリッシュオイル

天然由来成分のみで作られたオイル。様々な使い方が出来、ウェット感を出したい時にオススメです。

スタイリング剤として使用する場合は、適量を手のひらにとり、軽くのばしてから毛先中心につけていきます。前髪はその残りで仕上げて。

ドライヤー前に洗い流さないトリートメントとして使う場合は、タオルドライ後、適量を手のひらにとり髪の毛に馴染ませ、細かいくしで髪をとかしてからドライヤーを当てるのがオススメで、乾燥しにくくなります。

ミニボトルサイズも販売されているので、持ち運びや旅行の時などにオススメです。

ナプラ N. シアオイル(洗い流さないトリートメント)

同じくナプラのアイテムで、こちらはアウトバスで使う洗い流さないトリートメントです。配合されている保湿成分が毛先まで浸透し、ツヤのある髪になり、ドライヤー後サラサラな仕上がりになります。

使用感は、ベタつきすぎずサラサラに近いので、ベタつきが気になる方にオススメです。

モロッカンオイル トリートメント(洗い流さないヘアトリートメント)

モロッカンオイルは、ダメージケアをしながら、ツヤを与ます。さらに、紫外線や乾燥などの外的要因のダメージまでも予防し守ってくれます。

雨の日などのクセ毛予防や、広がりも抑えられ、使うたびにサラサラ美髪が持続します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ