無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Zoomを使いこなす8つのテク|知っておくべきマナーや機能をおさらい!

ライフスタイル

コロナ禍で在宅勤務になったり、家族や友達に会うのも自粛したりと、私たちの生活スタイルは一気に変わりました。そんな今、バーチャルで会える手段として注目されているツールがZoom。どんな風に使えばいいのか、そして知っておくと便利な豆知識を紹介します。

コロナ禍で在宅勤務になったり、家族や友達に会うのも自粛したりと、私たちの生活スタイルは一気に変わりました。そんな今、バーチャルで会える手段として注目されているツールがZoom。どんな風に使えばいいのか、そして知っておくと便利な豆知識を紹介します。

≪目次≫

●Zoomの基本を覚えよう
●ビジネスで必須のZoomテクニック
●プライベートで使えるZoomテクニック
●この本でZoomのすべてがわかる!

Zoomの基本を覚えよう

まずは、Zoomの始め方からスタート! 実は、招待される側ならアカウント登録も不要で簡単にできるんです。

Q1:最初に何を準備すればいいの? A1:ゲストとホストですることが違います

Zoomの通話には、招待する側(ホスト)と招待される側(ゲスト)の2つの方法があります。

■招待する側 (ホスト)
Zoomの公式サイトでメールアドレスを登録(サインアップ)する

Zoomクライアント(アプリ)をダウンロードする

Zoomクライアント(アプリ)を開く

招待したい人のアドレスに招待メールを送る

招待した人を認証して通話開始

■招待される側 (ゲスト)
ホストに招待メールを送ってもらう

メールのURLリンクをクリックする

Zoomクライアント(アプリ)をダウンロードする

Zoomクライアント(アプリ)を開く

ホストに認証してもらって通話開始

パソコンとスマホで若干、手順が違いますが、最初はゲスト側として参加すればそれほど難しくありません。ゲスト側の操作に少し慣れてきたら、今度はホスト側になってみましょう。

fashionbox.tkj.jp

Q2:Zoomの基本マナーが知りたい! A2:3大マナーをおさえて

対面時や電話と比べて注意すべき部分もあります。下の3大マナーを知っておいて。

1:雑音を極力減らす
マイクを使った通話では、通常よりも雑音に気を配る必要があります。飲み物をすする音や、キーボードのタイピング音なども拾われる可能性があるため、自分が話さないときはミュート(消音)機能を使うといいでしょう。家族の声や生活音などは、プライバシーにも関わるので注意しましょう。

2:カメラに映り込む背景に注意する
ビデオ通話時には、カメラに余計なものが映り込んでいないか気をつけましょう。布で覆って隠したり、バーチャル背景機能を使うと、不要な映り込みを避けられます。また、家族や同居人が不意に映り込まないよう、事前に通話の予定を知らせておくとよいでしょう。

3:安定した通信環境を確保する
快適な通話には、安定した通信環境が欠かせません。電波の悪い場所や、通信制限がかかっているような状況では、満足にデータ通信が行えず、通話に支障をきたしてしまいます。通話は良好な通信環境で行いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ