無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分に甘くなってしまう本当の理由

すぐ諦めてしまったり最初からチャレンジしなかったりと、「自分に甘い」部分を自覚しているあなたへ。心理カウンセラーの高見綾さんが、そんな自分を変える方法を教えてくれます。

ライフスタイル

「自分の甘さ」に悩んでいる皆さん。

本当に「自分に甘い人」というのは自覚が無いことも多いので、もし「私って自分に甘いな……」と既に感じているのなら、その時点で自分を客観的に見ることができているのかもしれません。

でも、「自分に甘い」と思うなら改善したいですよね。今回は、「自分に甘い」とはどういうことなのか、またその心理や特徴を詳しく解説します。

自分に甘いってどういうこと?

自分に甘いとは、一般的には努力することなく簡単に諦めてしまったり、自分に非があっても認めなかったりすることをいいます。

頑張ることで得られる充実感よりも、目先のラクさを選んでしまうので、ちょっとでも嫌だなと思うことがあれば向き合わずに逃げてしまいます。

例えば、「まぁこのくらいでいっか」と都合良く解釈して雑な仕事をしてしまうこともあれば、自分も責任の一端を担っているのに「私のせいではありません」「私は関係ありません」と我関せずの態度を取ってしまうこともあります。

本当は逃げてはいけないような肝心な時に逃げてしまうのが、「自分に甘い」ということです。

自分に甘い人に見られる特徴

では、自分に甘い人は具体的にどのような特徴があるのでしょうか? 性格・言動の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

自分に甘い人の性格の特徴

(1)だらしない

「これくらいでOK」と思える基準が低いです。面倒くさいと思えば、仕事であっても手を抜いてラクをしようとします。自分を律することが苦手で、金銭面や生活面などさまざまなところがルーズです。

大雑把な人が多いですが、中には自分に厳し過ぎて「完璧にできないならやらなくていいや」と思ってしまっている人も。

(2)欲望に素直

例えば、ダイエット中でも食べたいと思ったら、理性より欲望が勝って食べてしまいます。また、やらなければならないことがあっても、やりたいと思えなければギリギリまで後回しにします。

(3)マイペース

自由が好きで、自分のペースで動きたいと思っています。ルールがあっても自分の思い通りにことを進めたいので、「これくらい大丈夫でしょ」と自分の都合が良いように物事を解釈します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ