無料の会員登録をすると
お気に入りができます

電車で行けるソロキャンプ!達人に聞いたオススメの持ち物&東京都内のキャンプ場

今やテレビやSNSなどでもおなじみのソロキャンプ。ソロならば道具が少なくて済むので、電車で気軽に出かけることもできるんです!しかし、そうは言っても「一人でキャンプなんて不安・・・」と思う方も多いはず。そこで、有名キャンプコーディネイターのこいしゆうかさんに、女性でも安心なソロキャンプの始め方を指南してもらいました。

旅行・おでかけ

【おでかけ時のポイント】

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

一人キャンプって、どう始めたらいいの? 有名キャンプコーディネイターに聞いてみた!

気軽に非日常を体験できるソロキャンプ。徐々に人気に火がつき、今や多くの若者が趣味として楽しんでいます。しかし、ソロキャンプに挑戦したくても「何から始めたら良いのか・・・」と二の足を踏んでしまう人も少なくありません。

今回は、テレビ番組『マツコの知らない世界』『ヒルナンデス』等にも出演経験のある、キャンプコーディネイターのこいしゆうかさんに質問。2019年にはキャンプ場に100日以上も足を運んだキャンプの達人に、「ソロキャンプの始め方は?」「ソロ向けのキャンプ場は?」など、気になる疑問に答えてもらいました。

【Q1】一人キャンプの魅力って何?

昔は「キャンプは家族や仲間とワイワイ楽しむもの」というイメージでしたが、現在ではそのスタイルは多種多様。大勢で盛り上がる人もいれば、一人で自分だけの時間を満喫する人もいます。

実際、平日にソロキャンプをする人が増えています。友達と予定が合わなくても楽しめる身軽さが、その理由でしょう。いつご飯を食べても、いつ寝ても良い。いつどのようにキャンプ場に行こうが、いつ帰ろうが構わない。そんな自由さが、多くの人にウケているんです。

そもそもキャンプの良さといえば、自然を肌で感じられること。私がキャンプにハマったきっかけもそうでした。初めてキャンプに行ったとき、私は「なんて季節を感じられる遊びなんだ」と大感動! その翌月から月に2回以上はキャンプに行くようになりました(笑)。

【Q2】具体的にどんな楽しみ方をしたらいいの?

キャンプ場での過ごし方は本当に多様になりました。ハンモックでのんびりしたり、アクティビティに挑戦したり、皆が皆、自分のやりたいことを楽しんでいます。

さまざまなキャンプの楽しみ方がありますが、ソロキャンプならば個人的に、焚き火は外せない選択肢。焚き火はキャンプの花形であり、日常ではできないもっとも非日常な行為です。明かりにもなり、暖もとれる。焚き火で料理するだけで、ごはんも美味しく感じます。

焚き火の揺らぎはロマンチックなだけでなく、「1/fゆらぎ」という癒し効果のある波長も放っているんだそう。私も大好きですし、キャンプに行ったら焚き火はぜひやってみてほしいですね。

【Q3】道具は何をそろえれば良いの?

ソロキャンプといっても、何も特別なことはありません。むしろ一人だからこそ持っていく道具は最小限でOK。 そろえておきたい道具は下の14種類ほど。30~40L程度のナップザックに詰め込めるサイズを選ぶと良いでしょう。

キャンプ道具といえば、テントやシュラフ(寝袋)が一番初めに思い浮かびます。しかし、実は重要なのはシュラフの下に敷くマット。キャンプでは地面からの冷気が一番こたえますが、マットは下からの冷えを抑えてくれるので、とても重宝します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ