無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鉄骨造が叶えた大胆プラン吹き抜けの大空間に個室が浮かぶ家

大きな吹き抜けに、ぽっかりと箱が空間に浮くユニークな設計。柱の必要な木造ではできない、鉄骨造だからこそ可能な気持ちの良い大空間が実現した。

インテリア

トイレの手洗いを外側に。「2階に手洗いがあると、食事の前後など、子どもがこまめに手を洗えます」

リビングとダイニングキッチンの天井の高さを変え、段差もつけている。「家具は以前使っていたものが多いですが、ブルーのL字型のソファはソファ専門店NOYESで購入しました」

「大きな吹き抜けは、家に居ながら開放感があります。1階から2階へ上がる階段、そして3階からロフトへ上がる浮遊感のある階段と、視線が移り変わり、ひとつの家で様々な風景を楽しめます。
コロナで外出できない期間がありましたが、ストレスなく過ごすことができました」
そして、家族が家の中で別々のことをしていても、一体感が感じられるのだそう。
「奥の勉強机で長男が勉強し、手前のデスクでリモートワーク、キッチンで食事の準備をし、長女はリビングのソファで遊ぶなど、2階だけでもそれぞれの居場所がたくさんあるのも良かったと思います」

3階の寝室。奥のサンルームは洗濯物の乾燥にも。

「子どもが小さいのでまだ使っていませんが、3階には子ども部屋として2室準備しています」

子ども部屋とロフトへと続く鉄骨階段は、蹴り込み板にエキスパンドメタルを使うことで抜け感と安全性を両立。

玄関を入ると視線の先に明るいグリーンの扉が出迎える。階段下は収納になっている。

白を基調とした明るいバスルームは1階に。

角地の2面道路。南側に隣家が迫り、北側と西側は斜線規制という条件の中、3階建ての豊かな空間を作った。

K邸
設計 稲山貴則建築設計事務所

稲山貴則建築設計事務所

所在地 東京都目黒区
構造 鉄骨造
規模 地上3階
延床面積 103.89㎡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ