無料の会員登録をすると
お気に入りができます

治療が難しい?!気になる赤ら顔!効果的なケア方法を徹底解説!

30代になり、「今まで気にならなかったのに、頬のあたりが赤くなってきてしまった。何をしても治らない」とお悩みの方も多いはず。
そこで今回は、そんな赤ら顔のケア方法をご紹介します。

美容

お肌が赤くなる原因って何?

bybirth.jp

そもそもお顔が赤くなる、赤ら顔の原因とは何でしょうか。赤ら顔は、生まれつきのものや日々の間違ったケア方法、加齢など様々な原因で起こります。

そこで、主な赤ら顔の原因を解説します。

原因1. ニキビの炎症

赤ニキビができると、ニキビの周辺が赤くなります。赤ニキビは、炎症が起きている状態なので、血管が拡張して赤く見えます。通常の健康なお肌の状態であれば、ニキビが治れば炎症もおさまるので同時に赤みも消えていきます。

しかし、ニキビが治る頃にまた新しいニキビができる状態のお肌では、炎症が治らず、ずっと炎症によりお肌が赤い状態が続いてしまいます。

この炎症が続いた状態を放置していると、真皮や皮下組織に色素沈着が起こり、結果として赤ら顔になってしまいます。

原因2. 脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌が多くなり、お肌に余分な皮脂が溜まってしまうと、空気に触れることで酸化していきます。その酸化した皮脂と皮膚の常在菌が反応すると、炎症が起きて皮膚が赤くなってしまいます。

鼻や鼻の周りに起きやすい症状です。

原因3. 皮膚が薄いこと

皮膚の真皮には、毛細血管が沢山張り巡らされています。皮膚の一番外側にある表皮が薄い人は、真皮にある毛細血管が透けて見えてしまいます。特に、鼻や頬の皮膚は薄いので赤く見えてしまいます。

原因4. 気温や体質

寒暖差によって顔が赤くなります。これは、皮膚の毛細血管が外気温にあわせて拡張・伸縮することが原因です。この寒暖差が激しい場合、皮膚の温度を下げないように拡張していた毛細血管は、拡張したままになります。これが、寒暖差によって赤ら顔になる理由です。

生まれつき、毛細血管が多い人や血管が拡張している人もいます。

原因5. アルコール・香辛料・薬の摂取

毛細血管が広がりやすい作用のあるアルコールや香辛料を過剰に摂取することで、血液の流れが悪くなり滞りやすくなります。

アトピーの方のステロイド外用薬が原因で血流が悪くなり、赤みがでることもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ