無料の会員登録をすると
お気に入りができます

治療が難しい?!気になる赤ら顔!効果的なケア方法を徹底解説!

美容

30代になり、「今まで気にならなかったのに、頬のあたりが赤くなってきてしまった。何をしても治らない」とお悩みの方も多いはず。
そこで今回は、そんな赤ら顔のケア方法をご紹介します。

治療が難しい?!赤ら顔のケア方法を解説!

bybirth.jp

赤ら顔は、原因が様々の為、治療が難しいです。赤ら顔が気になる場合は、まずは皮膚科を受診すると良いでしょう。

赤ら顔は、すぐに治ることはまれなので、根気よく長期にわたりケアをしていくことが必要です。食生活やスキンケア方法の見直しが必要になります。

皮膚科を受診して医師と相談の上、治療することが一番の近道ですが、一般的な赤ら顔の治療方法をご紹介します。

食生活を見直す

アルコールや香辛料、カフェインなどの刺激物は、赤ら顔の原因となるので控えましょう。

スキンケア方法を見直す

特に洗顔方法を見直しましょう。洗顔を頻繁に行っていたり、ゴシゴシと皮膚に負担のかかる洗い方をしていたりすると、赤ら顔が悪化してしまいます。

洗顔料や化粧品は、なるべく皮膚に負担のかからない刺激の少ないものに変えましょう。皮膚の炎症を抑える為に、ビタミンC誘導体が配合された化粧水が効果的です。

漢方薬を服用する

寒暖差や、アルコールが原因で赤ら顔になる人は、血の流れがよくなる漢方薬を服用すると効果が期待できることもあります。しかし、服用する際は、必ず医師に相談しましょう。

光治療・レーザー治療

美容皮膚科などで皮膚に光やレーザーを照射することで、毛細血管の縮小をする治療方法があります。フラッシュやレーザーが、色素沈着や皮膚の表面に見えている色素を破壊するので、即効性のある治療法です。

硬化療法

血管に硬化剤を注射し、弾性包帯で圧迫することで血管の内側をくっつけて線維化させる治療方法です。太い血管で行われることが多い治療です。

肌質によって赤ら顔が悪化する?!

bybirth.jp

赤ら顔になりやすい人の特徴は、皮膚が薄いことです。鼻の周りや、頬が赤くなっていたり、気温の変化で赤くなる人は注意が必要です。皮膚が薄いことで赤ら顔が悪化します。

洗顔をする時に、泡ではなく手でこすっていたり、マッサージを頻繁に行っている方は、要注意です。また、スキンケアでピーリング剤配合のものを頻繁に使っていませんか。

皮膚の角質層は、わずか0.02ミリほどしかないので、簡単に削れてしまいます。削っているという実感がなくても、日々の何気ない習慣がお肌に負担をかけています。スキンケア方法を今一度見直してみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ